2013年冬:アニメを見るぜ感想編

アイマスのスロットでエピソード見てからというものの、パチスロがあまりにも絶不調でありまして。どれくらい不調かといいますと、シビュラシステムによる犯罪係数がみるみる上昇中ですよきっと。
まあ、そんなアホな事を交えつつ、冬アニメの感想をば。例によってカッコ内数値は次回予告ワクワク度、最高5点での評価です。

●サイコパス(0・本編込み4.5)
もはや秀逸。ハードな近未来警察モノとして万人におすすめのアニメ。シリーズ後半で対決する事になる槙島も、クールを装いながらも一筋縄ではいかない行動力で人々を陥れる、喰えない悪役であったからこそ刑事課一係の面々が引き立つ、いい悪役であったと思います。非道さの面ではタイバニのジェイクには及ばないけどね。
●琴浦さん(3.5)
色々なモノが混ざり合った、ほのぼのアニメ。
●まおゆう(2・本編込み3)
途中に「総集編」が入った事により、ラスト3話があんまりにもバタバタした展開で終わってしまったのが残念。色々な事情があるとはいえども、「総集編」なしで残り4話を走りきったら面白いままで終われたであろう事を考えると、いらない総集編5本の指に入ると思われます。
●ビビッドレッド・オペレーション(0・本編込み3)
女の子がかわいいのはよく分かった。でも、示現エンジンの危険性は「平行世界がひとつなくなる」という現実離れしたトラブルだってそうだし、7年前の事故はどんなんだったのか等具体的な状況をもう少し出せば、もうちょい違うモノになれたと思うんだ。いいところは分かったが、それだけじゃ駄目なんだ。
●絶園のテンペスト(3.5)
●リトルバスターズ!(3)
あと残り1話がまだ未見ですが。感動的ではあるが、若干押し付け気味かな?
●キューティクル探偵因幡(3)
●まんガール(1.5・本編込み2)
漫画雑誌の編集部がドタバタなのはよく分かった。まあ5分アニメだし。
●マギ(2・本編込み3)

というわけで、冬クールのアニメはだいたい見終わった。しかし、今度の春アニメ、いっぱいありすぎじゃね?選ぶの大変だわ。

222人目

画像

画像


燃え尽きちまったよ、真っ白な灰になってな。
ライブモード23連目の時にマスターラッシュを引いて、合計18個のARTストックを積んだ時点でエピソードARTを確信。台撤去とエピソードARTとのチキンレースに「勝ったな」「ああ」。ライブモード4つ分を使って後日談的なストーリーが繰り広げられるワケなんだが、合計7セットも見たら満腹を通り越して、キラメキラリでええわみたいなノリに。しっかし、これをパチンコ店で出したヤツは222人中どれくらいなのだろうか…。
まったく、終日をもってボナ引きがすごかったので、延々とライブモードが続いて最高記録を更新してしまうとわ。
画像

画面右上にハリケーンボルトが写っていたり、うっすらと俺のケータイが写り込んでたり、いまいち画質。

あとは星井美希をSSランクに上げたら、もうしないかも。プレミア演出のあずさとCM、自力ART2連続、877~961間ボナ、後者はピンホール且つSAN値がガリガリ磨り減って達成までの気力が持たない事請け合い。

もうそろそろゴールしてもいいよね!

ついに・・・ついに・・・うっうー!

●スロットのアイマス、ついに245人目の「THE・アイドルマスター」を襲名。
●星井美希「Visual m@ster」5回目の挑戦を押し順全不正解でクリアーして最後のAランク入り。全ゲームナビなしとか、高確率モードはそういうクリアをさせてくれないんだけどねぇ
●その後、マスターラッシュをツモ。こっちは約21万Gプレイ、総ライブモード回数1500オーバーしてやっとこさ。バー揃いは10回だけ、2回もバー揃わずを見たけど、こんなもんかい?
画像

●エクストラストーリーの近道になるか・・・と思ったらメモリアルARTすらなかったよ。
●ミッション進捗は91%に。877~961間ボーナスって相当無茶振りのような気がするんですけど・・・。ここまでクソハマリするのも珍しい上に精神衛生上良くないし、何より84Gという短いゾーンで当てる中途半端な強腕が必要なのがネック。
●2連続自力ART突入という、最高の引きを持ってしても900分の1(押し順準備リプ、6分の1+押し順突入リプ5分の1を2回)、状況によりさらに確率が低くなる針の穴を通す無理難題も残っているし。
●もうそろそろあきてきたw。100%達成無理っす。

●メタルスラッグ3(スロット)が意外とおもろいんじゃないのかという疑惑。
●上乗せ特化のスラグインパクトは3ケタゲーム数乗ったらラッキー程度にまとめて、ARTの連続性を重視したつくり、かな。
画像

●逆押し7揃いが連発してご覧の通りの結果となりましたが、少し離れた方は8000枚以上つうのをやってたんで・・・。
●司令官のツンデレぶりは見事としかいいようがない!始末書片手にがなりたてるもよし、上目遣いで料理を差し出すもよし。コンバットスCOOL。
●あとは攻殻機動隊のようなクズな吸い込み性能がないことを祈る。

見せてもらおうか。第一類医薬品の性能とやらを!

●もうすぐ花粉症シーズン。くしゃみの回数が増えてきた。またいつもの季節かよ。
●適当に薬局に行ったら仰々しいまでの「アレグラFX」という薬の公告の山。
●どうも適当にレジに持って行って買える商品じゃないらしく、薬剤師から軽く問診を受けてから購入の運び。説明によると、継続して飲む事で効果を発揮するらしく、ピンポイントで使うなら従来品の方が良かろうという話。コストパフォーマンスは高くなる分、快適な暮らしになるならそれもまた良し。
●ということで買いました。花粉はまだ本格化しておらず、本気出してきた時の効果はまだ未知数ではありますが。
●あ、アレルギー用の点眼薬を買うのを忘れてら。

一般時論三題

●久しぶりにドンキでお買い物。やはり無洗米はなかったか、スーパー泣かせのホームパイ200円がおいすぃ~、などなど、色々な思惑を持ってレジで精算したら、ちょうど1000円!ぴったり1000円かよ。思わず変顔していたところ「ちょうどなんて珍しいですねー」とか従業員も言うけどさ、ドンキの1円玉精算サービスを使いようがない金額の買い物はある意味論外!例えば998円の買い物をした時、精算の際に小銭の中から4円出して残り4円をサービスから出して使い切ってこそ正義!1円玉サービスを余すことなく使い切ってこそドンキのお買い物!と俺は言いたい。
●おまえはみみちいねん、とか言うなそこ。


●漫画喫茶で途中まで読んでるリスト(順不同)
ヴィンランド・サガ(12巻まで)
最後のレストラン(2巻まで)
ベルセルク(36巻まで)
CLAYMORE(23巻まで)
乙嫁語り(4巻まで)
capeta(30巻まで)
ブレイクブレイド(11巻まで)
こえでおしごと(8巻まで)
ドリフターズ(2巻まで)
ハイスコアガール(2巻まで)
フェイトステイナイト(16巻まで)
ワンピース(6?巻まで)
BLAME(6巻まで)

プラスこれから呼んでみたい漫画タイトルをケータイにメモっておいとくと、たまにマンキツ入った時に最新巻が出てるとか、いざという時に何を読もうか悩むとか、困らなくてすむと思います。単行本の足が極めて遅い作家の方も混ざっているので、途中まで読んで「ああ見てたわコレ」といった事態にもならないですし。
みなさんどうでしょうか。

●自身のスロマス進捗はというと、千早・雪歩・やよいがSSに昇格。DANCE MASTERを今までに5・6回は潰している春香、特別オーディションの機会にまるで恵まれない美希を昇格させるべく奮闘中ですが、歌姫楽園地獄とかカラフルメモリーズ地獄に心が折れそうです。エクストラストーリーをこの目に焼き付けられる日は来るのかこの台はyo!

2013年冬:アニメを見るぜ

ひと通り冬アニメが出揃ったので見たいヤツを紹介。

新たに視聴開始(カッコ内数値は次回予告ワクワク度、5点が最高)
●まおゆう魔王勇者(3)
メインの魔王役と勇者役に、コードギアスや狼と香辛料と同じ組み合わせ。これはイケル。
●琴浦さん(3.5・本編込み4)
サイコパスと放送時間帯だだかぶりのため、仕方なく見るのを諦める算段だったのだが、いや待てよ。ニコニコがあるじゃないか!公式配信というかたちで!というわけで、見る事にしました。超能力のおかげでで不幸のどん底の琴浦さんがいかに幸せになるか、楽しみにしてます。
●ビビッドレッド・オペレーション(3.5)
SFアクション、と思わせといて実は魔法少女エッセンス盛りだくさん、みたいな。
●まんガール(0.5・本編込み2.5)
5分アニメ。漫画編集者の裏話みたいなものにそこそこの興味あり。
●キューティクル探偵因幡(2.5)
何をやるかと思いきやスラップスティックとは。いまのところ切れ味がいいので、どこまで持つかな?

みないけど・・・
●幕末義人伝浪漫
まさかの原作パチンコ台アニメ。ルパンと次元を足して2で割ったような外見の主人公によるコテコテの勧善懲悪。なぜか運のいいことに、関西圏では金曜日深夜にコレ以外のアニメが存在していない。車業界に例えると日野自動車か光岡自動車を例えにもってきたくなるシェアしか持っていない、パチンコメーカーの高尾さん、こんな事してて大丈夫なのか?艶男(あでおす・・・読めるかこんなもん!)とかいうEDテーマのアニメ、えっっと何だっけ・・・頭が痛くてタイトルが・・・そう、あれの二の舞になりませんかね。

まとめ
●秋から継続の、サイコパス・マギ・絶園のテンペスト(1クールじゃなかった汗)・リトバスを合わせて合計8.2本分のアニメを視聴。8本見ようとしていた2012年秋アニメ、KがHDDお蔵入り状態で実質7本しか見てない実情からして、冬アニメのどれかがお蔵入りの可能性を示唆。見る努力はもちろんしますけど・・・。

いきなしお年玉

大人たるもの、お年玉は自らの力で勝ち取るべし。
画像

大口叩いてすいませんすいません。(全方向にジャンピング土下座しながら)


今年の初打ちで、新しい方の秘宝伝を打ったらこんな風になってしまいました。去年は全然出る気死ねーよ台だったんだけどね!
これでも、超秘宝RUSHや秘宝ラッシュダイナマイト等は入ってないんで、もしもプレミア踏んでたらもーーっと大変な事になってたはず。でもよ、(実戦上)上乗せ100%+ボーナス高確率バトルの獲得まで影響がありそうな、秘宝RUSH中のチャンス目が強すぎるので、弱チェやスイカがとてつもなく役立たず。簡単に言うとバランス悪すぎなので、また打つかと言われると・・・。

2012年秋:アニメを見るぜ感想編

今期アニメを適度に感想。こうしておかないと、冬期アニメと一緒にブログ書こうとしたらえらい大変になっちゃいますしね。あ、最終回まだのヤツもあるけど。

視聴終了(カッコ内は次回予告ワクワク度、5点が最高)
●ソードアート・オンライン(1・本編込み3.5)
SAO編→ALO編で面白さのテンションが落ちるかと思いましたが、案外最後まで物語グイグイ引っ張ってくれました。アクセルワールドでもそうでしたが、救いようのない悪役がいるからこそお話が引き立ちます。その他、ネットで見かけた原作者の川原礫氏の解説も的を得ていて分かりにくいシーンもああなるほど、と納得のいくものに。こういうのは素直に嬉しいところです。
●トータル・イクリプス(2・本編込み2.5)
まだ最終回見てませんが、書いときます。BETA戦においても、人間ドラマにおいても、中途半端。最初の2話がよかっただけに、それ以降が余計に悪くみえてしまう典型。物量で地上から攻めて来るBETAに、戦術歩行戦闘機より通常地雷をばら撒いて使ったら、突進してくるデストロイヤー級が次から次へと木っ端微塵じゃね?、と思ったらどうしても陳腐に見えてしまうなあ。そして業界人として思うんだけど、スポンサーについたSANKYOさんはスロなりパチなりにコレを使う思惑だろうけど、どう見ても青田買いだろう?アクエリオンやマクフロみたいな期待はしないほうがいいぞ。
●絶園のテンペスト(3.5)
これも最終回まだか。エッジの効いた急展開の連続は見る者を飽きさせない良作。英語オンリーの主題歌もいとをかし。
●エウレカセブンAO(3.5)
11月に無事完結しました。タイムパラドックスを扱った非常にややこしい物語だったのですが、最後はある程度スカッとした終わりでなにより。しかーし!俺の周りで見てた・録画してたという方が全部で4人いたのですが、「この日に完結編やるよ~」という話題を出したら、みんな知らなかったです。マジな話。うち1人はこの話を12月にやって「アッー」な事態に。新聞テレビ欄のスミッコにエウレカAO完結編、て書いてあっても普通の人は気にもとめません!途中でぶつ切りにして後日完結編をやるとなった時、せっかく増えた一般的なアニメファンが見てもらえないリスクをごっそり増やすだけになりまっせ。ぜーったい次はやるなよ!
●ヨルムンガンド(3)

視聴継続中
●サイコパス(0・本編込み4.5)
納豆の糸が引いてるような凄まじいヒキを毎回のように用意しているあたりに、ワクワク度4.5を出さざるを得ない。11話までを見て、アカネちゃんどうなっちゃうんだろう?という素朴な気持ちが来年放送される12話の期待を増大させる。ところで、警察マスコットのコミッサちゃんは、踊る大捜査線の警察マスコットとビックリするほどクリソツ。これは総監督つながりで間違いなさそうである。
●マギ(3)
期待値通りの王道少年漫画、か。
●リトルバスターズ!(3)
こちらも期待通りの萌えアニメ、か。神北小毬メインの話など、こういった感動的なお話がゲーム内にもぶち込まれてるんだろうな、と思うとファンの評価の高さもあながち間違いではない。


2012年度のブログ更新はこれでおしまいですー。
また来年もよろしくおねがいしますー。

有馬記念な予想

競馬つう博打はそれほど勝ててないけど、有馬記念くらいはドバっといっちゃいます。年に1回するかどうか程度なので、たいした予想じゃありませんけどね。
パチンコスロットのような遊技経験&仕事経験の蓄積が、馬には全然ないんでね。

有馬記念予想
◎ 9ルーラーシップ
○16ルルーシュ
▲13ゴールドシップ
△10ダークシャドウ
×スカイディグニティ
×ダイワファルコン

ルーラーシップは相手が弱まったので、もうそろそろG1勝っていいんじゃない?と思う所。ルルーシュは安定した先行力が中山向きに見えたんで。後は適当に強そうな順番でw。合計1万円で馬券を買ってるので、当たれば万々歳。いつもはずして紙くずになっちゃうんですけどね。

そういや、やよいのメモリアルARTは見たことがない

●精密機器が多すぎる関係上、よく使うエアスプレーがちょっと前から「炭酸ガス入り」タイプに変わりました。今までがオゾン層破壊効果のあるフロンガス(一応壊しにくいタイプ、とアピールしていたが)だったので、まあよかよか感であふれていましたが。
●その炭酸ガスタイプのエアスプレーがなかなか使い心地が悪いのなんの。缶本体が重たい関係上、ガスの残り分量が分かりにくいのは仕方ないが、それ以上に困ったのが炭酸ガスが少し甘い匂いを発するのでちょっと気持ち悪いのがね。精密機器の掃除でボビューとスプレー発射、その直後にもわっと甘い匂い。わかっちゃいるが、なんとかならないもんかね。

●スロット:THE アイドルマスターへの道
天海春香・・・ランクB:138万人・残り特別オーディション4つ
如月千早・・・ランクB:105万人・残り特別オーディション4つ
萩原雪歩・・・ランクS:158万人・特別オーディション全クリア
高槻やよい・・ランクSS:他キャラランクアップのため、現在封印中
星井美希・・・ランクC:96万人:残り特別オーディション6つ
●だいぶ仕上がってきましたが、いまだに敏腕止まり。最近は何かにつけて特別オーディションが引けない合格出来ない替りに、1日2回も超高確率でボーナスぶちかましたり、スペシャルライブでボーナス引きとバー揃い2発を同時発生させたり、12枚役を引いてみたり、ライブモード77回継続とか。知ってる人から見れば裏山鹿級の幸運てんこもりプレイでいたしかたなし。そりゃあ博打なのでオーバーキル大歓迎ですが、いまだ引いたことのないマスターラッシュやHBB中の変身フリーズでオーバーキルしたい、つうのは贅沢でせうか。
●アイマスではいまいち面白みの少ない、ノーマルビッグを3倍楽しく過ごす打ち方を紹介。ボーナス中のモードはなんでもいいのでとにかくナンバーランプを見ながら打つべし。払い出し終了→次ゲームレバーONの間を1秒くらいとっておくとよりGOOD。店のナンバーランプ内部設定に大きく左右されるが、社長フリーズを引いていた場合、大当たり表示をしているはずのナンバーランプが、大当たり中の遊技台よりいち早く通常モードにもどる、という怪現象が発生する。マナー違反にならない程度に飲み物を買うだとか、周りにドヤ顔しながらレバー叩くとか、知り合いに自慢しに行くとか、用量・用法を守って正しくお使いください。

●もうひとつ、何かネタあったんだが、忘れてしまったあー。

寒うなってきました。

●電気カーペットとか、ガスファンヒーターとか、甚兵衛とか、色々出してます。
●この前買った自転車、白のマークローザがソフバンみたいなデザインに見えてきたけど気にしない方向で。


●エヴァQ見ました。
画像

ネタバレなしの感想を出すのが難しいのですが、シンジと共に完全に変貌してしまったエヴァの世界にあたふたし続ける、そんな感じ。エヴァ破がカッコよかったねみたいな、そんなイメージで見ると余計にずっこけるのでこれから見る方々は心して見てほしいと思います。
今までのエヴァの既成概念を大きく変えるとするならば、ここしかタイミングがないので庵野総監督思いっきりフルスイングしました的な雰囲気があるので、また2~3年先になるであろうエヴァ次回作に楽しみをとっておくことにします。

●ビキニパイ2を遊んでたら、バーからの赤7揃いで再始動が掛かり、10セット獲得ぅなんて凄そうなの当たりました。ありがとう。でも1600枚くらいでストップなので画像なし。
●でも、ART中はやたら画面が眩しくて見てて疲れるとか、いつものネット・テクモかのノリ。基本はしっかりと練ってほしいなー。
●シンデレラブレイドが良かったのは、姉たちの妨害によって幾度と無く武闘会への参加(大当たり)を阻まれるが故に、そのフラストレーションを発散させるかのようなカタルシス「おしりぺんぺんタイム」が、プレイヤーと遊技台との神懸かり的シンクロを生み出したわけでありまして。そんな奇跡的な台を連続でリリース出来たら、ネットさんはもっと台が売れると思うのですが、奇跡はホイホイ起こらないです。
●ところで、デッドオアアライブをパチスロにしてみないか!とてもいいんじゃないかと思うんだ!

たまには普通な事も書くさ

●お口の中でぽふっと弾けて広がる塩味。口の中が塩辛くなってきたら、炭酸飲料で流し込んでリスタート。大袋のかっぱえびせんをバクバク食べてたらちょうどいい腹加減になって途中で飽きてきたので、半分くらい残してレジ袋で密封処理。
●スナック菓子は袋の口を閉めにくい。そのまま密閉しようとすれば100円均一ショップで売ってそうな程度の特殊な道具が必要だし、輪ゴムでしばってもやっぱりシケてた、つうのを何度も経験した。だから全部食わなきゃ損した気分になっちゃうのがスナック菓子の悪いところ。レジ袋にブツを放り込んで、適当に結べばお手軽にシケにくい密閉空間の出来上がり。レジ袋がないだと?そんな大富豪の家に住んでみたいよ俺!

●最近、新たに自転車を買った。先代のルイガノさんのギア関連が寿命を迎えてまともに走れなくなった事と、前々からライトやら何やらも色々壊れているので、これはもう修理より買い替えだと決断。ブリヂストンのマークローザに前かごつけてっと。自宅-仕事場片道9キロをきっちり走り抜けるスピードが出せるスポーツ感と、スーパーで買い物にも使える汎用性、そして何よりもデザインがオサレ。いまのところ、弱点は純正品のサドルがちょっと固すぎないかい?程度。ガチのスポーツ系は汎用性が低くてちょっと・・・という俺ニーズに最大限応える逸品。いい買い物をした。

●自転車で走っていて最近思うのは、みんな自転車乗りながらケータイいじりすぎ。幅の狭い歩道で、前からケータイイジリーチャリダーが走ってくるのが危ないので、こっちが減速して、歩道の端によって、最悪止まるところまでいくことも。スマホに命を掛けても、自分の命はどーでもいーらしい。そんなやつらは赤信号無視して横っ腹をえぐられちまってスマホのある世界から遠く離れたとこに行ってから、後悔するこった。

●おおっといけないいけない、話題を変えよう。
●25日にエヴァQ見ようっと。以上!

スロマスちらしの裏

●今日は朝から千早で6000ゲームじゃー!という気合のファンブースト遊戯だったのに、急な仕事の電話で無念の途中ヤメ。しかも負けてるし。せめて埋め合わせの休みが23日だったら(誕生日サービスでブースト発動)ラッキーだったが、残念なことに24が代休かと。運のないときゃそんなもん。
●スロットの765プロはかなりのブラック企業やね、と思うやうになりました。
●せっかくなので、10万ゲーム突破記念のちらしの裏データをご照覧あれ。


総ゲーム数:101658G

総HBB:174回(1/584)

総BB:159回(1/639)

総RB:340回(1/298)

総ボーナス:673回(1/151)

総ライブ:675回(1/150)

ライブ最大継続:61回

総バー揃い回数(ボーナス):30回

総バー揃い回数(LIVE中):117回

マスターラッシュ:0回

通常フリーズ:0回

HBB中フリーズ:0回

BB中フリーズ:13回

RB中 中段チェリー:1回

通常時 12枚特殊役:2回

天井:いまだナシ。

ミッション達成率:74%

●・・・もろに設定1のそれなんですけど。
●それでも、ビッグ確率が一時期350分の1程度まで凹んでたのが今になってやっと収束。
●LIVE準備中はいつもマスターラッシュ出ろ!と念じていますが、いまだになし。適当な脳内計算ではLIVEモード突入の1000分の1程度、700回近くLIVEを積み重ねているだけに、もうそろそろだと思うんだ。
●6000Gミッションは残りが千早だけ、ボーナス回数関連は全てクリアしたものの、ハマリ系ミッションがとことん埋まらない。天井すらやったった事すらないのに、天井以降のゲーム数で3段階分のミッションが用意されているのは相当イジワル仕様。設定1でも150分の1のボーナス確率には少々酷だ。
●エクストラARTが先か、気軽に行ける導入店の全滅が先か、チキンレースはまだまだ続く。挫折のブレーキストップではなく栄光のゴールがあらんことを。

高槻やよいSS記念

キラメキラリが素晴らしすぎて、通算381人目の達成者となってしまいました。

何かというと、スロットのアイドルマスターの事ね。

・・・だめたこいつ、早くなんとかしないと。


おおっと、スロマスのチラシの裏を適当に書きおいておきます。
通常時
●ファン人数を増やすためにも、ステップアップ連続演出は最後まで出す事。ステ2以降は必ずファンが増える。
●演出のタイトル画面で(「765アドベンチャー」などなど)PUSHボタンを押してキャラ群が出るとビッグ確定。
●営業ステップ1が消えたら、ボーン(決めポーズ演出)確定。大チャンスか。
●各種演出で緑が出たら実はチャンス。キリン柄ほどじゃないが。
●スイカや弱チェでステ連はチャンス。
●通常演出のチャンスリプや強チェからベル2連揃いを出すと、ベル3連目の演出が優先されるので、大当たり演出が消えてしまう。ボーナスフラグがあったら、演出は再び1から始まる。
●大当たり連続演出中の「ジョワワァーン」はレアフラグ対応。要目押し。
●演出中のボーナス狙いは左リール青7中段でとりあえず全小役フラグ対応出来ます。
ライブモード中
●セリフ演出時の赤→赤はアツイ。
●スモーク演出時のマークなしはアツイ。
●予告音→第3停止でアピールはアツイ。
●上部ライト→紫はアツイ。
●カメラ→アピール(花が出るやつ)はアツイ。
●マスターライブなどで聞ける上乗せ演出は、出なくても上乗せしてる可能性は普通にあり。
●最終ゲームでのアツイ演出順:通常演出>(カットイン有)>デケデケ>イノキ(赤>青>通常)>アピール
○カウント2.9があったら良かったのに。2.5なんて中途半端はイラネー。

2012年秋:アニメを見るぜ

近くのローソンで、まどマギとアイマスの一番くじ売ってたので、やってみた。まどマギの方はトランプ・・・って相当アンニュイで使えんな。アイマスの方はというと、ラバーストラップがヒット。出してみたら、えーと誰だっけ?と2~3分悩んでやっと雪歩だと分かりました。スロットで5万ゲーム以上打ってるのに覚えてないなんてあ!雪歩プロデュースの時に勝ってないせいだ間違いない。


●ただ見てますよ、つうのは味気ないけど、がっつり感想を書くのも重労働で大変。おまえそれでもブロガーか!という自問にいい答えが見つかったような気がするので、次回予告に5点満点で点数をつけてみる事にしました。子供の頃からそうなんだけど、アニメ本編を見終わったあとも、絶対に次回予告は外さなかったよな、というこだわりは俺だけじゃないとおもいます。まあ、近年のアニメは次回予告なしとかタイトルだけとか平気であるので、本編を含めないと正しい評価にならない場合は点数をふたつ用意するって事で補完出来るかなーって。
基準は3点、俺がどれだけワクワク出来たかで点数が上下しますw。適当なアニメを例にあげると、
モーレツ宇宙海賊:4.5
フェイトゼロ:2.5(本編込み4.5)
新世紀エヴァンゲリオン:5
ドラゴンボール:4
代表的なアニメだと、だいたいこんなもんかな。まあ、よろしこ。

視聴終了アニメ(タイトルの横にある点数が次回予告ワクワク度です)
●はぐれ勇者の鬼畜美学:次回予告ワクワク度3
主人公の凰沢暁月の受け取り方でどっちにでも転んじゃうぜ、つう作品。普段からセクハラしてるけど決めるところは決めるねぇ、と受け取るか、普通にやってりゃカッコイイのにセクハラで台無しじゃん、と受け取るか。残念ながら俺には後者の受け取り方でした。
●アクセルワールド:3.5
SAOにも言える事ですが、作者がウザすぎくらいの悪役を用意してくれるので、主人公が打ち倒す時のカタルシスがいい感じなんですよ。
●もやしもんリターンズ:0(本編込み3)
もやしもんアニメ1作目および漫画はまるで未見でしたが、すんなり入り込めるあたりにお話の上手さがあるのだと思います。
●カンピオーネ:2.5
超絶キスアニメ。以上!
●エウレカセブンAO:3.5
まだ続きありますよね、コレ!という無茶仕舞。コードギアスの時といい、(まどマギも該当しうるのですが、地震のせいなので除外)TBS系木曜日の深夜はたまにやらかす、というイメージが俺の中で定着してしまいました。
●ガンダムAGE:2
まだ最後まで見てないんだけど、面白くなかった原因をド素人的に推察。
まずは3部構成。ガンダム00の脚本の黒田洋介氏は2部構成になる事をかなり嫌っていたという話があったそうだが、この方は見事に豪腕でねじ伏せました。が、そこまでパワーのない脚本の方々が、戦争における人間ドラマを3分割にするという、面白さを損ねる非常に危険な方策を取ってしまっては、作品として厳しいものになっても仕方ないかと。
もうひとつは子供向けの商品展開を行った点。元々ファーストガンダムの時でもガンダムのカラーリングはスポンサーの要望に答えるためにヤケクソであの色になった事は知る人ぞ知る事実。現在の子供向けガンダムならSDガンダムがあるじゃん。そこに行っても市場開拓は難しいと思います。
とにかく、やっちゃったものは仕方ないけど、次にガンダムシリーズをテレビ放送する時の舵取りが相当難しくなったんじゃないかと思います。安易なものを作れないプレッシャーを、まだ見ぬ次回作のスタッフ達に押し付けちゃったはず。これを弾き返すのは並大抵ではないですぜ。


視聴継続アニメ
●ソードアート・オンライン:次回予告ワクワク度1(本編込み3.5)
●トータル・イクリプス:2(本編込み3)

新視聴アニメ
●ヨルムンガンド・パーフェクトオーダー:3
●K:3
●絶園のテンペスト:3.5
●リトルバスターズ!:3
●マギ:3
●サイコパス:0(本編込み4)
秋アニメのなかなかの一押し。キャラクター原案の天野明氏に脚本の虚淵玄氏の見事な化学反応が素晴らしい。そして細かい事ではあるが、2話の途中であった、犯人(厳密には犯罪予備軍の人)を捕まえる際の動きのリアルさを出すために、わざわざアクション俳優の演舞を用意していた事に驚きを隠せない。どれほど面白くなるかが見ものです。

見ないけど気になる
●ジョジョの奇妙な冒険:3
興津和幸氏と子安武人氏の熱の入った演技に注目したかったが、残念ながら他にも見たいアニメが多かった・・・。

やっぱり後半バテたあ!

ぱちんこAKB48のマメ攻略な話

パチンコのAKB48って、ずっと打ってるとなんだか洗脳されそうな気がしませんか?大当たりやmusic rush(要は確変状態)中はずっとAKB48の歌がこれでもか!というくらいガンガン流れるし、リーチの途中とかで「超絶カワイイ○○○!」ってカットイン入って大当たりしようもんなら、それこそ「やはり俺の見込んだ推しメンは一味違うぜよ!」とかおおいに盛り上がってしまうこと請け合い。いい意味で無駄に徹底されたゴージャス感は、今までの芸能人系パチンコ・スロットにはなかった極みに君臨します。
ただ、大量に導入しすぎたんじゃね?という店が多いという疑問が現在進行中ですが。

じゃあ、初心者~中級者が知っていると得すると思う小ネタをご開帳。
●music rush突入キター!といきりたって、速攻右打ちするのは自重しよう。music rush突入後、左下にあるミニデジタルが一旦止まって再び動き出すまで打つのは我慢だ。最悪で20発近くが無駄玉になる可能性がある。
●msic bonusの途中で発生するmusic challenge中は、アタッカーがパカパカ一瞬だけ開くのですが、チャレンジ失敗時のパカパカ状態で玉が入る事が条件で、5R目のアタッカー入賞が9コ以下で閉まるとスーパーミュージックラッシュがこっそりと確定します。(この程度の日本語では分かりにくいのが自分自身残念なのですが)
●大当たり終了後のアンコールモード。一般的なパチンコの時短状態の高速消化しているように見えますが、保留玉ランプをよく見ると、まるで減っていない。擬似保留玉連荘を高速で何回も繰り返してやっと1回転のスタートになりますので、時短状態のようにフルオートで打つと大損してしまいます。通常時と同じく、丁寧に打っていけば特別な演出を楽しんで、ぱちログの推しメンレベルも一気に上がって万々歳。
●京楽の飛び出すボタンは残念な事に大きすぎて連打がしにくい。でもボタン反応自体は良好なので、ボタンの縁に近い部分を軽めにピアノ打ちすれば、演出達成に必要な連射が出来るはず。


とりあえずこんなものか。
でさあ、この台の推しメン選びって、誰を選んでもほぼ確実に地雷、というかAKBという存在がすでに地雷原真っ只中。いや、AKB 48原理主義過激派を敵に回すつもりとかそんなんじゃなく、だれそれみたいなのが好みかへぇー、みたいなのが白日の下明らかになる事が少し後悔するんですよ。そこらへんは非実在の少女を選ぶのとはまるで違う趣であります。んーぶっちぎりの爆連したいなー推しメンまゆゆで。ふんがっふっふっ

パチンコ・スロットは流行の3年落ちの法則

気分が面倒になって更新してなかったらエライ事あいてしまいました。テヘペロ
全部スロットが悪いんだ!と身勝手な理由をつけて久々に書きます。


パチンコ・スロットのモチーフは流行の3年落ちっつう、業界関係者じゃないと分からないお話でもしましょうか。

●例題:Jリーグ開幕1993年のサッカーブーム。
サッカー人気が落ち着いた1995年あたりからサッカーを題材としたパチンコ・スロットが登場し始める。
スパークシュート(マルホンのCR機・現金機版もあり)
京楽のハネモノ(名前忘れた)
ハットトリック(パチンコは一般電役・スロット純Aタイプで発売)
平和のラウンド抽選型3回権利物(名前忘れた)
セブンリーグ(何故かカメレオンがキーパー・シングル集中アリのAタイプ)
etc.・・・(もう少しあったとおもいます)

といった具合に、流行したものからしばらく後にサッカーをモチーフにしたヤツが出るわ出るわ。
(さすがにキャプテン翼を使おう、といったような発想はこの時代の業界にはありませんでしたが。)

●変わって現在の状況
流行の3年落ち法則が適応される一例。
喰霊~零~(2008年アニメ→2012年スロット)
クイーンズブレイド(2009年アニメ→2012年パチンコ・スロット)
マクロスフロンティア(2008年アニメ→2011年パチンコ・2012年スロット)
HELLSING(2009年漫画完結→2012年パチンコ)
牙狼(2005年特撮→2008年パチンコシリーズ開始)

当てはまらないもの。
新世紀エヴァンゲリオン(1995年アニメ→2004年パチンコ・2006年スロット)
AKB48(2005年活動開始~現在の国民的アイドル→2012年パチンコ)
コードギアス~反逆のルルーシュ(2006年アニメ→2012年スロット)

パチンコ・スロット共に他にも多数の機種があるため、当てはまらないものは相当数あると思いますが、当てはまる時は不気味なまでにヒットする。この法則を利用すれば・・・来年のパチンコスロット台に2009年~2010年のアニメが大挙押し寄せる可能性があるかも!
けいおん!が、涼宮ハルヒが、ハガレンが、インデックスが、俺妹が、クェイサーが、パチンコスロットで登場・・・、いや、最後のさすがにないか。

2012年夏:アニメを見るぜ

過熱する世界の、もっと先へーー《過熱》したくはないか。
今年の夏は暑い。片道40分弱の道のりを自転車で転がした後に、では厳しい。道中でなんぞや飲む必要を感じる次第。とにかくこれ以上は暑くなるのは勘弁な。

●視聴終了アニメ。
モーレツ宇宙海賊:マキシマムインパクトのモモクロ主題歌がなければ見続けていなかったのかもしれない、というくらいに主題歌の強烈さの一言に尽きる。地味で堅実にお話を積み上げ続けた本編がある意味追いつけなかったのが正しく感じるくらい。今年のアニメ主題歌といえば?と問われたら必ずや「猛烈宇宙交響曲第七楽章:無限の愛」と答えるだろう。
這いよれ!ニャル子さん:ほじくり出せば出すほどパロディ。本編見てから、wikiの類を見てパロディ元を探してみて、初めて分かる面白さ。故に上級者向け。
Fate/zero:後半クールで一気に収束する物語。虚淵玄氏の辣腕が冴えを見ました。
ヨルムンガンド:こちらは後半へと続く。阪神タイガースの試合による繰下げ放送が直撃する時間帯で、見れるかどうかがいつもヒヤヒヤものでしたが、録画機器がふんばってくれました。
●途中アニメ
黄昏乙女×アムネジア(あとは最終話のみ)・エウレカセブンAO・ガンダムAGE・アクセルワールド
●新規試聴アニメ
トータル・イクリプス:ガチのロボットアニメ。とにかく直感を持ってしか言えないのだが「これは面白いモノになる」と思わせるパワーがあるので、ロボ好きーな方はぜひとも。
ソードアート・オンライン:アクセルワールドにも同じ事が言えるのだが、世界観の構築がわりかし豪腕でなんとかしているところが引っ掛かる。しかし、そこらへんは適当に置いといて見れば充分に面白いとは思うのですが。はてさてどうなることやら。
カンピオーネ・織田信奈の野望
んーなにか同じようなアニメが特に今期は多いんだろうか。豪腕でバッサリカットしましたけど。もしかしてアニメ版アタリショック?

●閑話休題。エロっぽいラノベタイトルがエロ系アニメに変貌することに対し、原作エロゲがなぜかそういった描写がほとんどないまっとうなアニメになるのか。フェイトゼロの元となったフェイトステイナイトは、元々はエロゲ。(ただし「fateは文学」といわしめるあたり、間違いなく傑作のはず)。ロボ成分満載なトータル・イクリプスも、パソコンで発売されたものはエロ要素は少量入ってたそうだ。だれかコレを解明してくれる方はいないのだろうか?
●結論、そんなひといないw。

俺風夏の過ごし方

●扇風機は1台、エアコンの設定温度は28度もあれば充分。それより1本、アイスをくれまいか。
●エアコンの涼風にはどうも敏感なようで、夏はだいたいいつもこんな感じです。灼熱のヒートアイランド大阪でもエアコンを動かさないと眠れないほどの暑さになった日は、今年は2~3日くらい。
●ところで、原子力発電は危ないので反対だけど、電気は便利なので使いますけど何か?という方々は残念ながら似非。原子爆弾の悲惨さを現在に伝えた画家、丸木位里・丸木俊(漢字まちがえてたらすみません)夫妻はアーティスト活動をする上で、原子力の平和利用にも反対するため、電気は全て自家発電で賄って活動していたそうだ(ソース元は中学時代の美術教師の話より)
●電気がとても便利なので原子力発電に賛成する、程度の思想しか持ちあわせてない俺だけど、日々電気が無事に自宅や職場で使える事に感謝しながらも、作る側に方々には何が何でも事故を起こさない気概を持って答えてほしいところです。

●ちょい前、スーパーで韓流パンといふ、何でもかんでも韓国風の味わいにしたらいいんじゃね?的思想でつくられたようなパンが特売ワゴンで山積みでした。午後9時半の時点で。売れてる雰囲気が一切しないので、一般の日本人である俺にゃ手をだしてはイケナイ、つう感性が勝って手を出さなかったのですが、ネタとして買えばよかったと後で後悔。
●HP同好会より。

●去年の秋にもらった日本プロ麻雀連盟のカレンダー、7月担当の高宮まりプロがけしからん、大変けしからん!ぜひMFCにも参戦してくださいw。

●一撃5千枚のアイマス後日談。スイカが180分の1、弱チェリが112分の1。これは間違いなく・・・ポッキーじゃん。よくあんだけ引いたな俺。

高槻やよいに元気ハツラツな飲み物をもたせたい

画像

●アイドルマスター(スロット)で鬼ヒキしたらこうなったでござるの巻。
●超高確率が当然のように無抽選で、事務所に戻ってからチャンスリプ引いて当たって。そんなのちっともうれしくねーy・・・ポコーンとマスターライブのストック確定マーク登場。
●なん・・・だと・・・!超高確が潜伏していたのか?というわけで、この台打つ方々は超高確率が抜けても即ヤメしてはいけませんぜ。
●そんなこんなで多分道中のボーナス合成が100分の1を切るような凄まじい勢いでヒキ倒して、マスターライブが合計4回登場、ライブ中盤はメモリアル何回も出てきてたので、どんがら春香よりmy songをフルで聞かせて欲しいなーと思ってみたり。(そうなると演出上最後の歌詞が使えなくなるけど)
●で、5000枚出尽くしたのが午後3時。これは逝ける!と思ったらボナが普通の設定6へと収束していくハマリを食らってコインを減らしながらマイスロ6000Gミッションを達成。BRどっちか30回までぶちかまそうと思ったらまたハマリ始めて心が折れて終了。
●最後に特殊景品を交換したらちょうどぴったりナムコ円でした、というそんなの狙うつもりなかったんだけど偶然すぎるオチが待っていました。

●どうみても単独成立・・・という雰囲気でハイパーを2回引いたような気がするんだけど、フリーズありませんでした。何分の1とかいう条件でもあるんかいな。それとも特殊役の存在か?
●春香プロデュースはやるだけの事はやりきった感じ。ミッッションクリアのために、あと4キャラ分の6000Gはキビシーんですけど・・・。ツイン3のように5000G程度じゃだめだったの?