COJ:EX35のデッキは決まった

燃え広がる戦火に多大な可能性を感じながら遊ぶ日々が続いています。しっかし、どんどん累計ポイントや勝利数といった廃人レベルが上位に行ってしまうような気がするけど気にしちゃいけないと思うりょうたです。

以前にも書いたけど、燃え広がる戦火の最大の特徴は、プレイヤー双方のライフを強引に減らすことによる、ゲームの高速化。ライフ7で戦っているゲームが急に5に減らされたら、最悪の場合相手はもはやゲームオーバー、秘孔を突いたケンシロウのような態度で遊べるってもんです。サウザーのような体質じゃないと、かわすのは不可能。そんな「がる戦」デッキを今日ここに紹介。

●デッキ内容
クマゴロウ×2
メガジョー×2
カイム×2

ハッパロイド×3
キャットムル×3
グラインドビートル×3
クマティーナ×3
ダルタニャン×3
ジークフリート×3

燃え広がる戦火×2
新品の鎧×3

ライトステップ×2
ハウリング×2

タックル×2
不可侵防壁×3
セコンド
逆転の大竜巻

ユニット24(進化3) トリガー5 インセプ11

●基本緑で戦う肉弾戦タイプ。B上位の戦いではありますが、青緑や黄緑といったココ最近の主流デッキにも十二分に対応可能と思います。このままA5に上がるぞ!と息巻く今日このごろ。
●キモとなる戦火の使い方、先述のとおり相手のライフ2の時に2枚出ししたら完璧ですが、手札にためたままだと迷子やミイラくんで崩される可能性があるので、小出し先出しはもちろん必要です。相手のライフが多い時はそんなに気にされる事はないと思いますので。使うとマズイ状況が発生したらライトステップの生贄にするんだ!
●遊び心満載のロマンカード、メガジョーさん。このデッキで飽食の狩人発動したのは30戦ほどやって今のところ5~6回。緑中心の相手だとリーフィアのおかげで膠着した状況に見舞われる事も多く、そんな時の打破にはぴったりの1枚。もちろん、状況によりバニラ運用も辞さない覚悟はいりますけど。
●1ターン目手札の先攻ベストはキャットムル。後攻ベストはビートル&キャットムル。不可侵1枚あるとさらによし。
●タックルでライフ取れる時は積極的に運用。青相手で殴る時はほぼ必須アイテム。
●現環境流行りのジークフリート、手札でオーバークロック出しも強力ですが、状況により3・4ターン目に出す柔軟な姿勢が必要と思います。先にライフ5点もぎ取れば勝利はすぐそこだ。

ねむうなってきたのでこのへんでおやすみ。

2013年秋:アニメを見るぜ。

気になって 釣りにマジレス まじハズい

というのを自分のブログコメントでやっちまって、釣りコメと一緒に削除。チッ、真剣に考え過ぎたぜ。


ブログやってて、そんなこともさもありなん。長井良太です。
今期のアニメ何見るか、結構素直に決まって正直びっくりです。

今期見るアニメ
●キルラキル(4)
アニメって、昔はこんなんだったよね!みたいな粗めの作画を強腕で動かしまくるので、南半球丸出しがどうでも良くなるほど勢いのあるアニメ。ストーリーもエッジが効いていてどんな話が来るのか予想不可能なところもまた素晴らしい。6話の構成って普通AパートとBパート逆だろ、みたいな話だったし。
●ぎんぎつね(3.5)
適当でおっさんくさい、それでも何かと気にかけてる風な、銀太郎役三木眞一郎さんの演技が白眉。そして、神使(しんし)が見える事以外は中庸な高校生冴木まこと役金元寿子さんの掛け合いは絶妙。そう思っているのは俺だけか?
●蒼き鋼のアルペジオ(3.5)
主人公達や霧の艦隊が繰り広げる超未来トンデモ雷撃戦の面白さもさる事ながら、負けた霧の艦隊達のその後についても基本的に丁寧に話を進める姿勢が好感。
●劇場版 空の境界(3)
第3話で「過激な演出が…」ていう字幕出すのすでに間に合ってないよ!というツッコミを入れたった事以外は順当。
●境界の彼方(3)
戦闘シーンの大胆かつ細やかな演出はさすが京都アニメーションといったところか。
●革命機ヴァルヴレイヴ(?)
まだ第2期を見てないが、1期で相当派手にお話が進んだので、見るのが楽しみといったところ。とりあえず超電磁砲見終わってからだ!
●キングダム(3)
全38話、まだまだ続くよ!

といったところ。


●COJ閑話休題
燃え広がる戦火を使ったデッキをうなりながら調整中。緑単はあきらめて、緑をメインに展開して、青緑のジーク入りや毘沙門デッキが来ても、何とか出来るんじゃないか?という可能性を感じつつ戦火3枚入れたらすっごい勢いで事故るので2枚にしました!下手すりゃ自分に跳ね返るこのじゃじゃ馬はいっぺんに使うの(だいたいBPアップが刺さっているので使えるのが)2枚までだわ。トリガーを意図的に引き寄せるためにカイム入れようとかやっていたら、タッチでメガジョーというデッキ構成になるとか絶妙な混沌を引き寄せるし。
そして、リーフィアとクマティーナ、防御型のユニットしてどっちを採用するかが永遠のテーマになりそうで大いに困ってるところ。コスト1分クマティーナが軽くて軍配が上がるが、リーフィアの基礎防御BP8000という圧倒的に信頼出来る壁をどう評価するのか、いやいやしかし防御でレベル2になったクマティーナのBP7000は攻撃に大活躍間違いなしという違った一面を持つので、コスト2の攻撃力ならリーフィアレベル2と肩を並べて充分に破格だし。とりあえずとっかえひっかえで、役立ち具合を見極めて選びたいけど、なかなか決まらない予感がするわコレ。

血が騒ぐ

●麻雀格闘倶楽部、偶然にも古川プロ本人とマッチ。
その結果
画像

画像

単騎は西で待て最上級のアガリ。
古川プロ放銃した時、リーチした対面の河に西1枚切れ、北も場に1枚切れ。東南鳴いた程度でさすがに役満は無かろうと思ったはず。ほぼノータイムで出てきました。
しっかしこの局面・・・
3年ほど前のトライアスロン雀豪決定戦、関西地区代表決定戦のエキシで大三元を献上してしまった時の古川プロを思い出してしまったぜ。

●魔法少女まどか☆マギカ 叛逆の物語を見る。
1人でも別に構わんけど、とりあえず誘ってみるかと声を掛けてみた後輩♂がまさかのジャストヒット。二人で見ました。
中身の方はというと、いとすさまじ。例えるなら達人の居合い抜き。構えの状態ではまるでその凄みを理解出来ないものの、いざ抜き放った太刀の一閃から再び刀が鞘におさまるまでの一連の動作で全てを理解させるような、でもやっぱり真の理解にはすごい時間が掛かってしまう。そんな感じ。
難しいけど、とりあえず見ろ。確かみてみろ。

●絶賛ハイジン継続中のCOJ
EX35バージョンに変わってから、未曾有のランク下落危機に見舞われました。前バージョンでB2~B3だったのが、一瞬B4が見えそうになるまでに。精神的にも大変やばかったので、思いっきり気分を変えるべく緑単デッキに燃え広がる戦火を組み込んでからというものの、ランクB2まで一気に回復。
モチベーションも一気に回復したので、緑単デッキで11/1の天王寺アポロの大会に出立したら、7人大会ではあったものの、マッチ運もよく準優勝。
しばらく負けに負けてもがいていたのですが、これで再びA5到達の目標が再燃したのであります。
しっかし!
燃え広がる戦火って思った以上にヤバイ強さを感じてる次第。ユニット破壊で両者ライフ-1という効果、一見しただけでは損にも得にもならない性能ではある。しかし、考え方を変えると、これ1枚で試合で喰らって許されるダメージ量が厳しくなる、もしも3枚差しならライフ4消費の時点で勝ち確、試合終了のゴングが鳴り響きうるのである。・・・いうなればライフのルールが変わってしまう事での試合の高速化を達成するというわけで、中盤以降に強いデッキの鼻っ柱をへし折るメタファー、という側面を感じたのですがどうでしょうみなさん?

2013年夏:アニメを見るぜ感想編

スロット化物語のナビボイスの萌えカスタムがどうにもクズ。全ては撫子が裏声長台詞になるせいで神経逆なでイラっと来るのがよろしくない。昔、QMAであったリエル(後藤邑子)の初期ボイスを思い出せる程度に。裏声長台詞は状況を考えるまでもなく使わないほうがいいです。

あ、本日はアニメです。
視聴所感など。
●げんしけん2代目(3.5)
女装男子に代表されるエッジが効き過ぎるキャラクター達が何故かよくまとまる地道なストーリー。旧作側はほぼ知識ゼロで見ていたので、そこらへんは漫画で回収しようか思う程度によし。
あと、OPでの「カブキロックスって、まだ生きてたの?!」というものすごい違和感はさておき。
●銀河機攻隊マジェスティックプリンス(3)
ロボットアニメとして無難な出来。後半の燃える展開も良かったが、もう少しお笑いに持っていってもいい感じもするキャラだったしなー。そこらへんのさじ加減はかなり難しいか。いずれはスロットやパチンコにでもなるでしょう。
●ダンガンロンパ(3.5)
この前はバトルロワイヤルじゃね?とか言ってたけど、その斜め上を行く展開。これならゲームでもうけるわけだ。
●幻影をかける太陽(3)
このテの話はある程度頑張っても魔まマの2番煎じにしかなれない。そんな感じ。
●神さまのいない日曜日
すみません、絶賛HDDの肥やし中。
●とある科学の超電磁砲(3・まだ途中)
シスターズ編は見終わり。主人公ら4人組は緊迫した状況より平和そうな日常を見るほうが面白い。

●キングダム(3)
相変わらず。信が軍を率いるようになってこれから大活躍ってところですが、やっぱり力と力のぶつかり合いやね。シンプルでいいけど。

秋アニメはばっすり7本決まったので、また後日紹介。三木眞一郎さんってあんな役も出来るんだ!

化物語@7000G

タイトスケジュールを覚悟の上で爆打ち。サミーのマイスロ台に実戦データをEメールで送りつけるサービスが始まっていたので、お試しついでにブログで公開。なお、結果は3500円負けです。

●化物語実戦データ(適宜コメント追加しました)
'ゲーム数,'イベント,'備考
'(511),'解呪ノ儀,'チャンス目
'(561),'解呪ノ儀,'???
'580,'倖時間,'チャンス目(←いきない大投資)
'53,'倖時間終了,'158枚獲得(←さらにお約束の上乗せゼロ)
'(182),'解呪ノ儀,'チャンス目
'(324),'解呪ノ儀,'チャンス目
'331,'倖時間,'チャンス目(←このあたりで左隣の方がフリーズ炸裂)
'57,'倖時間終了,'165枚獲得
'3,'倖時間,'スイカ(←終わった後の3ゲームはレア役引きがゲキアツ。リール左下の一瞬の点灯を見逃し厳禁)
'63,'倖時間終了,'155枚獲得(←上乗せしないねえ)
'(142),'解呪ノ儀,'チャンス目
'161,'倖時間,'チャンス目
'57,'倖時間終了,'157枚獲得(←このあたりで右隣が倍々エクストラサービスで一撃58倍を達成。そんなにも続いてしまうものなのか!)
'(46),'解呪ノ儀,'チャンス目
'(171),'解呪ノ儀,'強チェリー
'174,'倖時間,'怪異図柄揃い(←揃った事を幸運に思いましょう。どうせならAT中に)
'62,'倖時間終了,'157枚獲得
'(25),'解呪ノ儀,'???
'(91),'解呪ノ儀,'強チェリー
'(282),'解呪ノ儀,'チャンス目
'302,'倖時間,'チャンス目
'65,'倖時間終了,'158枚獲得(←当たり6回目まで上乗せゼロ、両隣が巻き上げている中でこの展開はまさに地獄)
'(74),'解呪ノ儀,'チャンス目
'93,'倖時間,'スイカ
'(41),'倍倍チャンス,'チャンス目(←やっと突入)
'(54),'倍倍チャンス終了,'90枚上乗せ(←初めて引いたんだしもっと乗せろよといいたいところだが、これならマシなほう)
'(85),'倍倍チャンス,'チャンス目
'(98),'倍倍チャンス終了,'50枚上乗せ
'135,'赤BB,'強チェリー(←恋愛サーキュレーションでおいしくいただきました!)
'(84),'倍倍チャンス,'チェリー
'(90),'倍倍チャンス終了,'75枚上乗せ
'155,'倖時間終了,'858枚獲得(←やっとまともな出玉炸裂、しかしこの程度では足りんのだよ)
'(275),'解呪ノ儀,'チャンス目
'(330),'解呪ノ儀,'チャンス目
'340,'倖時間,'スイカ
'(10),'倍倍チャンス,'強ベル(3枚)
'(46),'倍倍チャンス終了,'165枚上乗せ
'191,'倖時間終了,'425枚獲得
'(161),'解呪ノ儀,'チャンス目
'180,'倖時間,'???(←チャンス目じゃなかったの?)
'(40),'倍倍チャンス,'チャンス目
'(51),'倍倍チャンス終了,'66枚上乗せ
'104,'倖時間終了,'248枚獲得
'(14),'解呪ノ儀,'???
'33,'倖時間,'強ベル(10枚)
'(46),'倍倍チャンス,'強ベル(10枚)
'(57),'倍倍チャンス終了,'28枚上乗せ(←この上乗せもひどいがさらに上があったとは)
'(59),'倍倍チャンス,'チェリー
'(66),'倍倍チャンス終了,'36枚上乗せ
'97,'倖時間終了,'282枚獲得(←このあたりから両隣が沈没開始・・・)
'(42),'解呪ノ儀,'???
'(103),'解呪ノ儀,'チェリー
'(154),'解呪ノ儀,'チャンス目
'(265),'解呪ノ儀,'チャンス目
'(318),'解呪ノ儀,'チャンス目
'337,'倖時間,'チャンス目
'(18),'倍倍チャンス,'チャンス目
'(29),'倍倍チャンス終了,'75枚上乗せ
'(36),'倍倍チャンス,'チャンス目
'(44),'倍倍チャンス終了,'60枚上乗せ
'(51),'倍倍チャンス,'チャンス目
'(60),'倍倍チャンス終了,'25枚上乗せ
'(103),'倍倍チャンス,'チェリー
'(122),'倍倍チャンス終了,'156枚上乗せ
'(212),'倍倍チャンス,'チャンス目
'(228),'倍倍チャンス終了,'90枚上乗せ
'(258),'倍倍チャンス,'チャンス目
'(265),'倍倍チャンス終了,'30枚上乗せ
'(275),'倍倍チャンス,'チャンス目
'(288),'倍倍チャンス終了,'105枚上乗せ
'323,'赤BB,'チャンス目(←擬似ボーナスの上乗せ性能は安定感抜群ですな)
'-,'赤7揃い,'
'85,'倖時間終了,'1219枚獲得(←一撃では本日最高出玉。)
'(34),'解呪ノ儀,'チャンス目
'44,'倖時間,'チャンス目
'78,'倖時間終了,'158枚獲得
'(16),'解呪ノ儀,'???
'(50),'解呪ノ儀,'???
'69,'倖時間,'チャンス目
'45,'倖時間終了,'158枚獲得
'(30),'解呪ノ儀,'???
'44,'倖時間,'チャンス目
'48,'倖時間終了,'154枚獲得
'(87),'解呪ノ儀,'???
'105,'倖時間,'チャンス目
'(45),'倍倍チャンス,'チャンス目
'(56),'倍倍チャンス終了,'55枚上乗せ
'90,'赤BB,'チャンス目
'-,'赤7揃い,'
'63,'倖時間終了,'550枚獲得(←液晶表示はここで本日の最大値、だいたい1700枚)
'(640),'解呪ノ儀,'スイカ(←ここらあたりでだいたい5000Gミッション達成だったっけな?)
'659,'倖時間,'チャンス目
'41,'倖時間終了,'154枚獲得
'(145),'解呪ノ儀,'チェリー
'164,'倖時間,'チャンス目
'42,'倖時間終了,'155枚獲得
'3,'倖時間,'チェリー(←本日2回目の引き戻し)
'72,'倖時間終了,'154枚獲得
'3,'倖時間,'チェリー(←引き戻しが3連にもなるとだいぶラッキー)
'(44),'倍倍チャンス,'チャンス目
'(57),'倍倍チャンス終了,'160枚上乗せ
'(83),'倍倍チャンス,'チャンス目
'(89),'倍倍チャンス終了,'10枚上乗せ(←まさかの5枚×2のデフォルト乗せ終了。G数に直すと2~3Gのうわnギャフン)
'(110),'倍倍チャンス,'チャンス目
'(122),'倍倍チャンス終了,'88枚上乗せ
'(133),'倍倍チャンス,'チャンス目
'(142),'倍倍チャンス終了,'55枚上乗せ
'232,'倖時間終了,'577枚獲得(←両隣は出玉グラフが完全に滑り台と化す。それを思うと自分の台は「恵まれ」たのか・・・)
'(27),'解呪ノ儀,'???
'44,'倖時間,'チャンス目
'(61),'倍倍チャンス,'強チェリー
'(75),'倍倍チャンス終了,'130枚上乗せ
'(92),'倍倍チャンス,'チャンス目
'(109),'倍倍チャンス終了,'192枚上乗せ(←倍倍チャンスの本日最高値、たしか怪異図柄が揃ってそこそこ倍率アップ)
'(120),'倍倍チャンス,'強ベル(10枚)
'(129),'倍倍チャンス終了,'20枚上乗せ
'234,'倖時間終了,'653枚獲得(←ここらへんで7000G打ちをケツイ・出玉ピーク)
'(282),'解呪ノ儀,'チェリー
'(318),'解呪ノ儀,'チャンス目
'337,'倖時間,'チャンス目
'56,'倖時間終了,'158枚獲得
'66,'倖時間,'チェリー(←解呪の儀非経由、まさかの直撃発生)
'60,'倖時間終了,'158枚獲得
'(56),'解呪ノ儀,'強チェリー
'66,'倖時間,'チャンス目
'46,'倖時間終了,'159枚獲得(←あと一撃があれば勝利が見えたのに上乗せに恵まれない展開)
'(47),'解呪ノ儀,'チェリー
'(119),'解呪ノ儀,'???(←やめる直前、左隣(朝のフリーズとは別の方)が再度フリーズ。この後どうなったのだろうか)
'218,'END,'-(←両肩が疲労で持っていかれる中、無事7000G達成。厳しい戦いだった。次こそは!)

■総ゲーム数:7000G
■総倖時間ゲーム数:2644G
■解呪の儀回数:33回
■倖時間回数:23回(内訳:レア役直撃1・引き戻し3・解呪の儀19。解呪の儀自体の信頼度はなかなか高い結果に)
■倍々チャンス:22回
■赤ボーナス回数:3回
■BB中赤7揃い:2回(1回目押しミスありで合計3回)
■怪異図柄揃い:2回
■チェリー回数:57回(目押しミスあり)
■スイカ回数:76回(目押しミスあり)
■怪異図柄出現回数:218回
ミッション達成率57%

総評:無駄にエッジが効きまくったスロット攻殻機動隊をマイルドに仕上げた感じ。ゲーム数解除はほぼなくなったと思われるので、通常時はチャンスゾーン「解呪の儀」をいかに引くかがキーポイント。
初当り重視で上乗せ性能は基本あまり強くない。必殺の出玉で千切りたい方には不向きなゲーミングであり、長時間の打ち込みを視野に入れた損得の算盤勘定が出来る人向け。
通常演出はインパクト系のものは少なく、やもすれば地味。その分チャンスゾーンは派手に動くのでバランスは良好。こちらも長期的な打ち込みを意識したデザインか。

短評:恋愛サーキュレーションはキャラソン屈指のガチ曲。マイスロしない方も千石撫子でプレイするべし。以上!

COJ:マッチング変更と苦闘の始まりと終わり

●9月27日にマッチング変更してからというものの、しばらく勝てない日々が続く。
●B上位陣ともなると、簡単に勝たせてくれない、というかデッキに問題あるんじゃね?というところに到達。
●ベリアルで自陣が焼け野原、探偵ジョーカーで焼け野原、バクダルマンで焼け野原、というのをかなり喰らってデッキの高BPキャラが少ない事にやっと気付く。
●よろしい、ならば改良だ!紆余曲折を経てデッキ改築完了。

バクダルマン×3
ベリアル×3

カイム×2

ミイラくん×3
カラスマドウ×3
スカルウォーカー×3
ヴァイパー×3
フレスベルク×3

鎧×3
何でも屋×3

セコンド
ムーンセイヴァー×3
エクトプラズム×2
ダークアーマー×2
絶妙なる挑発
ダークスラッシュ
マジックブック
ユニット20進化3 トリガー6 インセプ11
●とにかく高BPユニットだ!というところから青ユニットのフレスベルク。こいつの特技は役立てにくいからフレスをカイムに変えちまえと、一時期いじってからまさかの復活劇。ダルマンベリアルの焼きと組み合わせれば、プレイヤーアタック成功時のデリートが充分に実用レベルの域に引き上がりました。
●そのかわり、優秀なアタッカーのランサーがいなくなったが多分大丈夫。B上位陣ともなると、こっちの都合よくランサーを活かせる状況にはならないワケ。
●青のインセプで思った以上に効果を上げるダークスラッシュ。挑発と組み合わせれば、コスト0の超お手軽除去
コンボに変貌。ベリアル使いたいけど、相手のリーフィアとトリガー緑がやばいとか、そんな状況を崩せる便利さは買い。正直なところ挑発リーナが霞むレベル(挑発リーナはやった事ないけど)。
●現在のランクはB2上半分へ突入。845戦383勝という、遊び過ぎ成績は伊達じゃない!

COJのエキスパンションから色々

開始3日目にして、いきなり禁止カード出るとかの件。
運営のみなさんが、意気投合しライトステップで動いたのはいい事だと思いますw。ボダブレでも超短時間で勝敗の決まる(面白みのない)戦場が出てしまった場合にはすぐに戦場の切り替えを行う措置を講じるスピードはあったけど、別ゲームでもそれが出来るあたり、よくプレーヤーを見ていると思います。後はゲームバランスがおかしくなるだろ的なブツが事前に分かるような部署間の連携が欲しいです。
他には、テストプレーヤーの実力がゲーム上位プレーヤー級まで上がっていないので、強力すぎるカードの存在に気づかないままゲームに出てしまったのではないかという危惧。テストプレイも立派な仕事ですよ。セガに限らずゲーム会社全体に言える事ですが、これを下っ端の仕事にしてはいけない。二人以上で遊ぶゲームならなおさらに。現金払って遊ぶお客様にあんまりテストさせないでくださいね~。
さて、あの禁止カード2種はどうやって調整するんだろう?特に意気投合の方は、カードカテゴリーをトリガーをインセプにしないといけないんじゃない?それとも全く違う効果のカードに変えるか?セガの対応はいかに?

と、真剣に語ったところで最近のプレイ事情など。
●仕事の後輩を半ば無理やりにゲーセンに連れて行き、コードオブジョーカーを遊ばせる事に成功。その後輩はチュートリアルクリアで出たのがSRベリアルというウルトラな引きを見せていたといふ。
●俺の余っているカードをプレゼントして、鬼引きのベリアルを混ぜて、戦いやすいように赤緑デッキを再構築。対人戦を教えながらプレーしたらしっかり2連勝。これからどんどん遊んでくれたらめっけもの、ですわー!
●現在青メイン赤で運用しているデッキに、エキスパンションのインセプやユニットを混ぜながらプレイ、試行錯誤しながら、しっくり来た分がなんとカイムタッチ。戦闘にカード調達に地味によく効く。
●久々にB2に復活、もうそろそろAが見えてきたような予感。

●以下、エキスパンション追加カード使用・対戦の所感。
ソウルリーパー・・・アタックでしか使えないが、相手のインセプ使用によるガードを根本から覆すパワーで相手を粉砕。一番おいしいダークアーマーに対してコレを合わせると、相手から見るとライフ1減らして敵ユニットが残って自ユニットが守れない結末を迎えてしまうという、とんでもなくオトクキノコ。エクトプラズムとはまた違ったアクティブな運用で効果を発揮。

ユキ・ダルマン・・・コスト4という高額ユニットが厳しいところ。ただし、相手にアマブレなどの除去手段がない時の安定感は半端ない。3ターン以上粘ればかなりおいしいドローユニットに。直殴り確定以外の戦闘には絶対に使ってはいけない。

バフォメット・・・アタック時にレベル2以上を除去、という特殊効果はタッチ運用で強力かと思います。相手はうっかりレベル2ユニットを作れないというプレッシャーに。ただし、BPは低いのでこんがり焼き上げる対象筆頭候補。

ポメの富士・・・若干ふざけたネームセンスを疑う強さ。実質BP7000のキャラを攻撃に使うか、防御で使うかで使用者の性格がわかるような、そんな1枚。アマブレなどで犬のままこんがり焼きましょう。

S・レックス・・・コスト7の暴力的進化カード。対戦で出されたのは1回だけだが、こっちの除去手段がない状態から追い風付きで出されて、エンペラーで片付けるまでの4ターン、延々とカードマックス引きをされてデッキ2周目突入されたのはとてもいい思い出です、そんなんされたら負けるわ!という納得のロマンカード。場を大きく変えるような劇的な攻撃力はないので、メガソーラーチャージ完了までいかに残せるか、またはいかに潰すかを考えさせる場の主役キャラ。使う時は絶対に追い風かフォックスコマンド用意しないとほぼ運用出来ないような難易度の高さを兼ね備えるので、使う側もしっかりデッキを練る必要性あり。

最後の門・・・こちらもかなり暴力的なBP10000アップの防御カード。崩す手段が一気に限られるため、

セコンド・・・コスト1・無色、ユニット2体以上という条件のもと、BP+3000。無色は本当に相手に意識される事が少ないので、1枚しかないのに思ったより大活躍。緑以外で手軽なBPアップが欲しい、と思ったら迷わずこの1枚。コモンをなめたらいかんぜよ。


といったところでもうすぐ朝じゃけん。練るわ、いや寝るわ。

COJ:青デッキSUGEEE!

ちょっと前に、絶妙な挑発を行う商品名だよねーと思いながらスーパーで「超ふりかけ・焼き肉味」買ったんですよ。これでまずかったら永谷園はクズ扱いだぜ、て感じで。で、3日前に初めてこいつをご飯にふりかける機会が出来たので、チャレンジしてみる事に。
まずは一口・・・芳醇な香り・・・確かなサクサク感・・・濃厚でジューシーな味わい・・・いやいやいやいや。これはむっちゃガチやん!俺の中の海原雄山がいい意味で「女将を呼べ!」てな感じ。今までの人生で食べてきたふりかけ全てが過去のものになってしまった、という素晴らしさ。ふりかけだけでご飯いっぱいを保証するおいしさ。ふりかけとしてはお値段高め(180円だったか)ですが、これくらいの贅沢は人生せにゃいけません。
これはもう永谷園にジャンピング土下座ものです。

と、たまには普通な事を書いてみるテスト。りょうたです。
コードオブジョーカーが一部カード調整を実施してはや3日。バージョンアップ前はB2まで上がれたものの、前に紹介した赤緑のデッキを微調整した程度では勝ちにくくなったので、デッキを新たに構築する事にしました。勝負が後半までもつれる状況が増えたり青系デッキにしてやられる事が実際に増えたし。青ベースで赤タッチくらいのベースで組みながら全国対戦して調整を繰り返しながらデッキを洗練しつつ。一旦B4まで落ちてしまったものの、今日のプレイでB3真ん中をオーバーして終了。勝ち方が分かってきたら青デッキすげーって思うようになりました。扱いはやっぱり難しいですが、そこもまた青系デッキの魅力かと。

現在のデッキ構成
ダルマン×3
ランサー×3

ミイラくん×3
カラス×3
スカルウォーカー×3
ヴァイパー×3
フレス×3
ガシャドクロ

冥王ハデス
堕天馬アルゲニブ

鎧×3
何×3

悪の覚醒
アースクエイク
ムーンセイヴァー×3
ダークアーマー×2
エクトプラズム×2
マジックブック

●除去メインの構成。ジャッジメント持ちと当たったらほぼ諦めるしかないです。青は黄色に弱い、シカタナイネ。緑にゃ滅法強いのでそれで許して、という雰囲気。
●ダルマンの「ドッカーン!」が出来る!と意気込んでみたものの、手札でオーバークロック出来た時には勝負が見えてる事が多いんですけど。仕方なくスピードムーブ効果だけを使って勝負を決めたりしてます。何だか普通に出して壁&突撃ユニットの一員として使う事が多いです。
●青デッキを支える序盤戦の強い味方、ヴァイパー姐さん。
使い方その1:1ターン目、トリガーに生贄を置いてヴァイパー登場→さっきの生贄がすぐに手元に登場!ノーリスクでBP5000キャラを出せるぞ。
使い方その2:2ターン目、1コスを生贄にヴァイさん登場。→1コスカードが戻ってきてもう1ユニット召喚可能に!
使い方その3:2ターン目、あらかじめ、バクダルマンをオーバーライドしてからヴァイパーさん召喚→なんと手元にバクダルマン3枚目が!チョッパヤでOC確定だよやったね。
といった感じに手札を手早く展開したり、手札でこっそり仕込みを行ったり色々と活躍。だいたい序盤はヴァイパーで安定というくらいの万能キャラ。つうか、これパワーアップして良かったの?というくらい。
●この構成でなんで冥王ハデスは1枚なの、と感じる貴方にいい事を教えよう。まだ1枚しか持ってないんだ。。。600戦オーバーしてるのにね。
●まだまだ練りどころはいっぱいありそうなので、次やる時にはもう変わってるかもね。ガシャドクロは以外と使わないとか。

COJ:デッキ固まったか?

先日ランキングが実装されたコードオブジョーカー。
とにもかくにもかなりやってるので何らかのランキングに登場するんじゃないかと思ってたら、地域ランキング上位に登場とかしてるのでただのハイジンですね。
ただいまB2とB3の往復する程度のプレーヤーです。りょうた@野蛮なる狂戦士

●俺の現在のデッキはこれだ!
0犬×3
ソードF×2
ランサー×3
アーテー×2

ベヒーモス×2
ベリアル×2

葉っぱ×3
ビートル×2
リーフィア×2
ダルタニャン×2

箱×3
鎧×3
何×3

不可侵×3
悪の覚醒
アースクエイク
タックル
竜巻
突撃の合図

ユニット23(進化4) トリガー9 インターセプト9

●流行ってるのを全部盛ればいいよね、というのに妙な反逆精神を持って遊んでいるので、追い風&ハウリングはなし!ベリアルさん入れてるけど。
●デッキを改造するならアーテー外してリーフィアなりソードFなり3積みすれば殴り合いに強くなるだろうけど、アーテーさんのスピードムーブは絶妙なスパイスだと思っているのでね。早い話しが外さん!という事。
●最近ダルタニャンの使い方が分かってきた。出せる状況が整っているなら、2ターン目にリーフィア生贄に使ってでも出せというくらい地味に強力。ニャンが2回攻撃したら、カードが1ターン分早く引ける。ハウリングなしでやってるデッキなのでこういうのが地味に効く。実質2コス5000BPの地味さからは想像出来ない縁の下の力持ち。
●バルバトスやリリムのような意地悪の効くカードを使いたいんだけど、今のデッキにゃ力不足。バルバトスは山城パワーアップで為す術が無くなるし、リリムは純粋にBP不足気味。こいつらの活躍するデッキを作りたいよね。

2013年:春夏アニメを見るぜ

もう8月も終わりとかどうなってんだよ!
という話は置いといて、春アニメ・夏アニメをチェック。
タイトルの後の点数は5点満点の評価です。

春アニメ
●俺の妹がこんなに可愛いわけがない(3.5)
真の最終回がweb配信とかじゃ見れないじゃないか!もやもやしながら他のアニメを見る毎日。
●変態王子と笑わない猫(3)
●革命機ヴァルヴレイヴ(4)
思いっきりスーパーロボットな展開を見せるお話の連続。後期も楽しみ。
●刀語(3)
●マジェスティックプリンス(3.5)継続
●とある科学の超電磁砲(2.5)
1期目のような強烈さを伴った変態の白井黒子が鳴りを潜めてるっていうのがどうもね。
●キングダム(3)継続

夏アニメ
●ダンガンロンパ(3.5)
続けて見ていて思ったのは、これって形を変えたバトルロワイヤルだよねって事。
●げんしけん2代目(3.5)
●神さまのいない日曜日(3)
●幻影を駆ける太陽(3)

もうすぐ秋アニメが始まるじゃないですか!

COJの毘沙門対策

いまだにB4程度のランクだけど、7連勝とかしたらちびりそうになります。
最近は毘沙門出してきた相手をカウンターするのに躍起になってます、長井です。
という事で、毘沙門出てきた時の対策を色々書き留めておくテスト。ちなみに自分の使っている赤緑デッキを前提にして書いてます。青や黄色混じり?知らんがな。

●拷問官アーテーさん登場
一番手っ取り早いがアーテーさん自体が玄人好みの性能なので、普段の戦いではややお荷物。残りライフ1のトドメなど、終盤戦で活躍します。COJのおっぱい要員(ココ重要!)である事も含めて。
●インペリアルソード使用
手っ取り早い手段その2。アーテーさん同様、相手のライフが少ないと決め手になります。ただし、ソードをデッキに入れる際の問題は、戦線が膠着する中盤戦にもなるとまるで使えないゴミカードに成り下がる事。
●何でもいいので、進化カードで反撃
進化素材と進化ユニットの2枚があれば一応カウンターで相手のライフを奪える環境は成立します。この手段ならどの色でも出来ますが、一番安定するのが後述のベリアル召喚。
●蛮王ベリアルを召喚
最低限、手札に0犬(召喚素材元としては赤のコス1以下のユニット)とベリアルをキープしておく条件が必要ですが、相手の毘沙門&お連れのダックン等をまとめて消し飛ばして盤面再リセットし返しという手段。ただし、相手のカードに突撃の合図があったら再カウンターを喰らって涙目確定なので、慎重かつ大胆に。
●1ターン我慢
カウンター手段のない時はひたすら我慢。相手が行動権消費のためにアリエやタイタンの鉄鎖を使ってくる事を踏まえて2ユニット+竜巻&不可侵を置きたいところ。だが、こんな時に限って毘沙門連発とかよくある事。。。
●突撃の合図で超カウンター取り
仕込みが一番難しいが、ハマれば爽快なる勝利間違いなし。突撃の合図がCP3消費と中盤以降でないと使えない結構重たいカードなので、0犬や葉っぱ、ビートルなど、低コストで出せるユニットをしっかり手元に残しながら戦うプレイングが必須。CP3残し&3ユニット展開までなら手札と相談して残しておける範囲ですが、やるからには5ユニット展開で突撃、大☆逆☆転を決めたいところです。なんか今にも京極院沙夜さんがジョーカー使おうとしてる?知らんがな。

思いつく限りはこんなものか。

アニメ話を書こうとしたらやっぱりCOJになるという罠。

なんだかんだで300戦オーバー

来る日も来る日もCOJやってたら、どんどんエライことになってきてます(汗)
基本は赤緑、たまに実験で組んだデッキを使ってみたらやっぱり弱いわで赤緑に収まる、の繰り返し。どうやら現在はB5とB4の往復程度の腕前ですわー。

●現在のデッキ
1000犬×2  ソードF×3  ランサー×3  アーテー×2
ベヒモス×2  ベリアル×2
葉っぱ×3 虫×3 リーフィア×2 ニャン×2

箱×2 鎧×3 台×2

インペリアルソード×2  アーマーブレイク×2  悪の覚醒
不可侵防壁×2 タックル 竜巻

●進化カードが多いとどうしても事故る確率アップのイメージが強いので、ベヒモスとベリアル合計4枚。ベリアルは文句なしに強いが山城チャリオッツ強化ユニット×5されたらこっちの攻撃は通りそうになくなるため、現在のバージョンでは1ユニットとしての攻撃力最大を誇るベヒーモスさんが登場です、うん。捨て札で攻撃力アップの効果はまさに切り札。10枚でBP11000、20枚でBP16000、鉄壁のリーフィアさんを余裕で無きものたらしめる破壊力がよくスターターに入ってるなと思ふ。意地悪なバルバトスも入れたいけど、こいつはチャリオッツ強化には歯がたたないです。
●相手ライフ残り1、こっちはベヒーモスの攻撃を通したいけど、相手もしたたかに雑魚ユニットを防御に回して死に物狂いの総力戦。そんな時には1枚のタックルをどうぞ。最後の最後にパワーにものを言わせての蹂躙に、対戦相手が止まる様が手に取るように分かる、そんなフィニッシュは痛快ですぞ。
●で、いつになったらアースクエイクとジークフリート手に入るんですか?
●追い風ベリアル?追い風毘沙門?知らんがな。特に毘沙門は完璧に立ち回られたら手も足も出ねえ事確定…。毘沙門後のカウンターが狙えたらいいんやけどね。そのためのインペリアルソードやアーテーなんですけど。

COJでどんがらがっしゃん

●C1⇔B5の往復業務に何度も嫌気が差しつつも、飽きずに遊ぶコードオブジョーカー。
●往復の人がどんどん増えてきたのか、最近はB5でやっと安定してきました。
●要はまだまだ養分レベルのプレーヤーって事です。勝率40%切ってるし。

●赤黄デッキって、防御力が紙クラスだということを知って、赤緑デッキに戻ってきました。
今使ってるデッキは大体こんな感じ。
0犬×3 剣士×3 ランサー×3 ダルマン×1
ヘル犬×2 リリム×2 ベヒモス×2

葉っぱ×3 ネコ×2
リーフィア×2 バル×2

タイムブレイク×2
箱×2 鎧×2 台×2

覚醒×2 アーマーブレイク×2
防壁×2 ハウリング×1

●相手が赤緑や青絡みだとヘルハウンドやリリムのトリガーブレイクが大変活きてきます。
●黄色?とりあえず竜巻引かせてください!
●トリガーが多いと何だか事故りやすいイメージがつきまとうのですが、プレイングが下手くそだからでしょうか。
●もっといいデッキのいじり方があるはずなので、キャットムルをグラインドビートルに変えるとか、色々やってみます。
●タイムブレイクは序盤~中盤での切り札、だと思ってるのですが、使ってる人と全然当たらない&自分が使っていても半分くらい誤爆終了。うーん。黄色系でよくやられる行動権消費を条件付きで使える面白さはあるんだけどねー。
●制限時間の45秒をギリギリまで使って、まあいいや!みたいなアタック掛けたりするから弱いんですよねー。w

COJは、射幸心を凌駕した

たまにあるんです、こういうの。
バクチで負けこんでいると、こういうめぐり合わせが。
しばらくはこのゲーム、腰を据えて遊んでみますか。

●知らなかったんだって!
センモニでお金入れたらゲーム内カードが買えるの。300円で8枚買えて、レア以上3枚確定。どうりで初心者プレーヤーが多いはずのCクラスでも、青や黄色のデッキで戦う方が多いわけだ。そりゃあ冥王ハデスや毘沙門がホイホイユニットに登場するわけだ。
●赤緑のデッキじゃ黄色や青に全然勝てません(泣)
カード資材がまだ揃いきってない状態で、行動権消費系や即死技を使われたらひとたまりもないです。プレイングにも問題はあるのだけれど、色々出したユニットが突然無防備状態や突然死になって一方的に殴られるわけなのでまあ困った。根本的にデッキをいじってみようという機会の到来です。
●100円使ってまで赤黄デッキを構築
ゲーム機の中、あるいはエージェントラボに行かないとちゃんとした構築戦が打てないので、まあ仕方ないよね。手持ちの黄色カード少ねえな、とはいいつつも300円で買ったヤツの中に九尾の狐が混ざってたので使ってみることに。使われて腹立つカードをいざ自分で使ってみると、エゲツナイなこいつ。行動権消費系は何らかのかたちで修正される可能性を感じるわ。白鳥のジュン湖畔のアリエも出すだけで行動消費掛けられるし。基本便利すぎる。
●少ない材料を適当にやりくりした程度の赤黄デッキなのに、何だか強そうなデッキが出来た。ただいまC1の半分より上。もうすぐBクラス突入出来そうです。修正を掛けながらしばらくこれで戦ってみる。強そうだからまだここではデッキの内訳を紹介したりしませんよ♪

●最後に
赤ユニットの中に、拷問官アーテーっていふキャラがいるのよ。おそらくメインの服装であるボンテージの布面積が間違いなく不足しているので、赤いジャケットを脱いだらえらい事になるんだコイツ。そして、この手の拷問といえば鞭が定番なのに何故か二刀流。何故か実用的であろう武具を持つのかは、おそらく現在のユニットの中で唯一持つ特技「スピードムーブ」が便利極まりない特殊能力である事の示唆、といったところか。実際に肝心なところで大活躍しまくるので、勝ち確定時のとどめはだいたいこいつ。
さっき初めてこの言葉を打とうとしたら、グーグル日本語変換のサジェストでいきなり出てきたw。これは薄い本が出るなwww。

CODE OF JOKER ・・・ウハ

アニメの話題も書きたいけど、先こっち。
なかなかおもろいTCGが出てきたんじゃないの?最新のACゲーム「CODE OF JOKER」をがっつりやってます。40戦以上やってやっとシステムが分かって勝ち方も把握してきたかな?程度の理解ですが、色々書きますね。

●稼働して間がないので、
対戦数≒デッキカードの量や質。勝率(勝利数)=実力の程。
と感じていいかな。
●で、あんたはどれくらいの実力なんだい?
40戦以上やって勝率4割5分程度。直近は(カード効果などしっかり把握しきったので)4連勝中です。
●選んだキャラクターは?
アフロヘアに敏感に反応する性質のため、山城軍司に。ほんま、こいつでよかった。
●不肖長井良太、サイコパスの台詞のニュアンスを借りて「賢者は考えて分かる。愚者は体験して分かる。」というどちらかを指すなら間違い無く愚者のほう。とにかく体験してミスって初めて知識になるタイプ。
○最初だけ「新カードどうやってもらえるんだ?」という疑問が!新規プレイ時のチュートリアルでカード貰える以外は500円使ってGP購入→カード5枚ゲット、の流れすら知らなんだ。
○最初のドローをミスってコスト4のカードしかねえ→そのまま殴られ放題で負け。なんて初歩的なものから、
○トリガーカードとユニットカード出す順番を間違えちまった。とか
○ユニットカードを出すつもりがトリガーに乗せちゃった、大☆失☆敗。テヘペロ。ちょいとトリガーとユニットドライブの場所が近いかな?ユニットは左側に出すよう気をつけよう。
○こっちは緑の防壁使ったから勝てるw→相手も防壁使いました。
○相手カードのジャッジメントとかエクトプラズムでやられたZE、むっちゃつえーからデッキにぶちこんじゃえ!→青と黄色のユニットがないから全く使えません。とか。しかも全国対戦でw。全然ルール分かってないじゃん俺w。
○レベル2のユニットが攻撃してきたけど、ブロック負けを選んだら相手がオーバークロックしてしまい、結局さらに攻撃されちゃった。
○バルバドス出した時の基本GP減らしは便利だから低GPユニットを潰しちゃえ→実は高GPユニットに使ってプレッシャーを与える方が正解。オススメ対象は間違いなく攻防一体のゾウさんなど、不屈持ち。
○相手がライフ1の時に毘沙門出して攻撃されたので大逆転されるー→手札のユニットが拷問官アーテーくらいしかないけど…→スピードムーブで直接攻撃を出して、まさかのライフ削り勝ち。
●などなど、やってやられた初めて分かる部分も多いので、最初のうちはCPU戦で雰囲気を掴んでから全国対戦に乗り出すのがとにかくおすすめ。
●カードのテキストが微妙に、ほんの微妙に分かりにくいんで、実際に使って把握したほうがいい時も多い。そう思う。
●CPU戦なら、ある程度素早く操作したら500円で4回出来るよ。全国対戦なら500円で3プレイ。
●最初にプレーヤーキャラクターを選ぶ時は、絶対にジョーカーの性能で選ぶように!オススメは使った効果がとても分かりやすい山城軍司か緋神仁。萌えるからといって、京極院沙夜・鈴森まりね・御巫綾花の女性キャラを選んでしまうと、ジョーカーの使用効果が上級者向きなために対戦のここ一番で苦しむことに。こんなところにゲームプレイングの罠仕掛けちゃだめだよSEGAさん。


●あんたのデッキは?
犬×3
ソードマン×2
蟹×2
クララ
ゴライアス
ベヒーモス
戦鬼ベリアル

狐×3
葉っぱ×2
チーター×3
ゾウさん×3

何でも屋×3
新品の防具×2
サプライズボックス

アーマーブレイク×2
防壁×2
悪のなんとか
フルーツ×2
行動権消すやつ
アーマーショーテージ

あと数枚が思い出せないけど。。。

●それでは、全国対戦で出会ったらよろしうに。もう仕事に行く時間だ(汗)。早朝にブログ更新は大変だ。

追手内6月終わり

●今月もっともイケてない出来事:携帯電話ロスト
●最後に使ったのが午前2時、タクシーの中。ない事に気付いたのが午前4時。一番可能性の高いタクシー置き忘れの線でタクシー会社に連絡掛けるも見つからず。ショップに直接出向いてGPSの位置サービスを受ける事にしたのだが、結果は、大阪市西成区とかいふ混沌極まりない土地へと旅立っていました汗。タク降りてから家までの数十メートルでやっちゃってたって事か?
●で!見つかりそうにないので仕方なく新しいのを買いましたが、ラインナップ見たらほとんどスマホでやんの。選ぶ必要がほとんどないガラケーラインナップからK011を買って少数派ここに極まれり。
●先代のケータイを手元に置いていたおかげで、アドレスは何とか実用レベルで復旧。置いていて良かったと心から思う次第。いやそこはバックアップとっとけよ、つうところですが。

●今使ってるノートパソコンがやたらと重いので、最適化したのですが、する前の赤線だらけには正直ビビった。もうちょいこまめにしろよと。

●テレビで報道されるような殺人事件で、殺された方が知り合いだった時のやるせなさと来たら。

●バクチがさっぱり、ゲームの麻雀がさっぱり。仕事やってるほうが精神が安定しちゃだめだろ常考。


●図書館戦争、本編読破。とにかく活き活きとしたキャラクター描写の勢いに脱帽。そりゃあもうパワフル且つ的確に捉えるものだから、電車の中で読んでて笑いそうになる。いや声を出してはいないが、ニヤニヤしてるのは絶対に見られてるわこれ。かなりの面白さゆえに後輩♀に貸して、読んだ感想を聞くと「面白いこれ」だったので貸してよかったぜ。
●そりゃあ映画化とかなるわコレ。文句なさすぎる。有川浩先生、素晴らしすぎる。ちょっと前まで「読んでやるか」みたいな事書いてすみませんでした。

ネタをネタで返す

●転勤してから、とにかく1度やってみたかった、松原の自宅→仕事場への自転車勤務。夜の仕事の用事がある事を活かして出発。JR平野駅近辺で向こう側に渡る踏切がなかなか見つからなかったり、JR放出駅あたりで適当な道筋をたどって案の定迷ったりしながら、あとちょっとのところで仕事場から電話。「こうこうやから、明日早番勤務よろしくー」・・・なん・・・だと。ネタ半分で自転車で来た意味を最も美味しいネタで粉砕しやがった。1時間30分の長征でかなりの体力を使った今、いまさら来た道を折り返す気にはならず、仕事場まで自転車で到着、そこから電車で自宅に帰りましたとさ。
2回目?やるわけないでしょ!

●「境界線上のホライゾン」1巻上下を読破。電車の中を中心にだいたい2週間くらいか。後半の畳み掛け方は素晴らしいものがありましたが、前半のキャラ描写のだらだらとした長さはどうにかならなかったのか。思わず続編に手を出す情熱を持つまでには至らない程度の面白さ。最近のラノベって、まあこんなものなのか。
●次に読みたるは、無難なものにしようという魂胆が丸見えの有川浩「図書館戦争」。装丁がなぜか普通だよなと、よく見てみたらアスキー・メディアワークスじゃなくて角川書店版。ペラペラめくってみたら挿絵一切なしのド硬派仕様。「阪急電車」といい「県庁おもてなし課」といい、この方のお話がなぜホイホイ映画化されるのか、考えながら読むのもまた一興。

●電車に乗っていて隣の一般人が文庫本読んでるのをチラ見したら、えらい行間の大きい、1ページに15行程度の本を読んでた。読んでるスピードを測ってみたら、2ページに1分以上。声に出して読んでるんじゃなかろうかと思うくらい遅すぎるだろう、と感じたが俺がただイラチなだけかもしれない。

●阿部システ…、あべしステム搭載の新型北斗の拳。とりあえず一叩きやってみたら、思いの外よく出たので勝った話。あべしチャレンジ無制限を引いて、追加三千円かけて1600あべしを貯めてみたり。神拳勝舞からシンのムービーが入ったのに、なぜ「サラバダー」じゃないのかと問い詰めたり。最低77%継続のSPバトルを3回で終わらせたり。デビルリバース原作に比べてめちゃめちゃつええし。神拳勝舞1ゲーム抜きでおいしかったり、二桁ある勝舞玉が一気に削られたり。26セット3000枚出した感想は、まるで4号機北斗みたいな出玉感。
●ここ最近のサミーさんのスロ台らしく、ゲーム数上乗せを毛嫌いしたような仕上がり。北斗だからお客様もしっかり打つ分、飽きられるのも早くなりそうな予感。
スロット台のトレンドはART(AT)のゲーム数上乗せなんだけど、そこを頑なに否定する台をよく作るサミーさんの真意はオペレーター側の立場としては首をかしげるばかり。
●かなり適当なこうりゃくを行うならば、だいたい200あべし周期で当たり(ガセ)前兆の演出が入るので、クソ台攻殻機動隊のような感じのあべし数消化天井があるんじゃないかと。1000あべし越えたら当てるまで打つしかなくなるので、めんどくせーみたいな台やけど。

ニコ動には感謝に極みです

●マジプリ7話が野球放送遅延を起こしたため、ヴァルヴレイヴ7話の録画が飛んだのには冷や汗。急いでヴァルヴの5・6話を消化して7話をニコ動で補完。ちょっと前ならまずアウトだった展開ですが、時代は進化するってね。ありがたやありがたや。

●最近の新台「まじかるすいーとプリズム・ナナ」。ダクセルってどこの馬の骨やねん、ってよく見たらホールコンピュータで有名なダイコク電機の関連会社ね、どうりで。そこそこ導入されたのにはホール向け販促の気合が尋常じゃなかったのも一理あると思います。
実は穏やかな出玉関連はともかく、せっかくのタッチパネルがもったいない演出の数々。同じ筐体の2027Rもそうだったのだけど、全然活かせてない。QMAみたいに胸タッチ出来る(!)みたいな隠し要素がもっとあっていいはずなのに。打ち手としてはいきなり8192分の1をやらかしたので、とりあえずお腹いっぱい。

与太話のつもりだったが

●俺は夜の帝王になるぞー!(バカ)

●4月に人事異動で自宅からむっちゃ遠くの店で働く事になったんで、通勤が大変です。ざっと電車で1時間以上。京橋でラッシュアワーでの乗り換えは無茶苦茶じゃねえか、はっはっ人がゴミのようだ!
●しっかし、道中手の空き具合が半端ない。プチプチ小さな画面でフィーチャーホンいじって遊ぶのもどうかと思ったので、思い切ってラノベ買ってみた。しかし・・・予備知識:本がとても分厚い、もはや辞典レベル。程度で境界線上のホライゾン1冊をレジに持って行った。たしかに4巻あたりになるとその分厚さが尋常を通り越して笑えるレベルにまで昇華されてて一発で分かったわ!そして、買ったことを後悔はしていない、中身がつまらなかったら後悔するけどな!
●そんな本を読んで大丈夫か?とも思われそうだが、河南高校通学時は富士見書房の「バトルテック」とか「ムレムの書」とかよんでた変人だから、大丈夫だ、問題ない。

●パチスロの新台はあまり打つつもりはないんだが、やけくそで打ってしまった創聖のアクエリオン2。アニメは充分に知ってる、スロットの1は触る機会がまるでなし、あの吸血鬼の女の子はリーネだっけ、と思って書いてたら間違えてた程度。
●SAN値直葬級投資金額をアイマスでなんとか首の皮だけつながった1400枚程度の持ちコインで移動して勝負開始。おとなり様が「その創聖ラッシュはおかしい」レベルで打ち込みを披露している真っ最中という、今までに打ったプレイヤーも次々とSAN値直葬されたに違いない過酷な環境でプレー開始。残り100枚程度のところからART含みで30G内ビッグ5連発で立て直し(それをアイマスでやりたかった)、これでもまだ勝利には程遠い場面からまさかにフリーズ赤7。ストック5発積みスタートから創聖ラッシュ13発で投資金額をきっちり捲り切って謎の勝利。
●創聖モードを引き当てた時のやったね感は素晴らしい。完全ナビは勿論の事、自力突入もね。画面に不・動・が・出・て・き・て~、そこでリーナかよ!も、よくありましたけど。まあスタンダードにまとまっているね、程度。この台から投入されたSANKYO新型筐体に体がまだ慣れていないのか、よくレバー空振り。叩いたはずなのに動かなかった事がチラホラ。リプレイ時の筐体レスポンスがどうも遅いんだよなあ。これからは最低でもART機、ハイギャンブルのG3級AT機が出てくるご時世だから、リプレイから次のプレイ可能になるまでの挙動は出来るだけ早いほうが良かったのに。筐体のせいで直せない、なんて事じゃなかろうし。
●次打てるのはどの新台だい?

2013年春:アニメを見るぜ

●スロット・スカイガールズ。なかなかの萌え台か。妙にハズレに対して素直すぎる演出の数々(強チェで連続演出発展なしとか)がもったいないたあ思いますが。萌えスロと思わせといてBIG中に演歌が流れるギャップ感は大好き、本当に大好き。
●ももクロのアルバム購入。家電量販店にあるだろっ程度に気楽にCDコーナー行ったら、全然見つからねえ。探してやっと見つかったら顔隠した衣装着てたら分かるもんも分からん!一見お断りジャケットはかなりもったいないって。買っていざ聞いたら、ジャンル:ももクロ、と言った方が正しいくらい色々な方向にぶっ飛んだ歌だらけ。ふむ、よかろう!すばらしい。

といった感じで本題に入ります。

新規視聴アニメ
●銀河機甲隊マジェスティックプリンス(3.5)
何か聞いたことあるような気がしたら月刊HERO’Sの漫画か。以前、販促でパチンコ景品で置いてたのをちょこっと読んで、その中ではキレのありそうな漫画だったのはメディアミックス展開を考えてたせいか。本編1話で見せたようなスカッとしたアクションが多いといいなあ。
●俺の妹がこんなに可愛いわけがない(1:本編込み3.5)
最近のラノベ系アニメがぶっ飛んだ展開が多いので、このアニメくらいの落ち着いた雰囲気(かっとんだ展開もあるけど!)っつうのは貴重。最近のオタクはこんなんだよ、程度に勧めるのもありかと。
●這いよれニャル子さんW(3)
鶏肋。まさに鶏肋。どーでもいいはずのパロディオンステージなんだけど、捨てるにゃMOTTAINAI。そんな感じ。アニメのドラクエ打ち切り最終回をパロったり、やりたい放題ぶりは相変わらず。超電磁砲と変猫がかぶる時間帯、ニコ動で。
●変態王子と笑わない猫(1:本編込み3.5)
ひそかに期待するアニメ。主人公は変態垂れ流しのまんまでも良かったんじゃないかと思いましたが、そういう方向性で勝負しないって事やね。
●キングダム(3)
ほぼ同時刻のデート・ア・ライブを弾いて見る事に。何かとパワフルな主人公が春秋戦国時代をどう成り上がるか、楽しみに見る事にします。
●革命機ヴァルヴレイヴ(3)
早くからティザーがテレビで流れる力の入れようから、見るのを決定。主人公死んで生き返ったけど!というロボットアニメじゃない違和感が心配だが!
●とある科学の超電磁砲S(3)
こちらも相変わらず。長井龍雪監督ファンという視点からもこれは外せない。
●刀語(まだ見てない)
テレビ大阪で放送された時は、他のアニメとかぶって見れない状態だったのですが、テレビ局を変えて放送という事で録画。一本1時間という長丁場をどうやって消化するか、簡単にはいかないぞ。。。

と一週間4時間体制アニメとなりました。刀語は消化が遅れそうですが。
あ、ちょうどももクロのCDが終わりを迎えるところだぜ。