2009年夏:アニメを見るぜ

この記事を読むにあたり、分からん人のために、あえて最近のアニメで使われる単語を説明しておくか。

百合(ジャンル)・・・百合(もしくはGirls Love、略してGL)とは、女性同士の恋愛、もしくは恋愛的な強い絆を題材とした日本の漫画やライトノベルなどの作品のジャンルのことである。
~wikipediaより~

さてと、新たに始まったアニメから一言メモ
●うみものがたり(1話まで)・・・パチンコの海物語が原作のアニメ。良くも悪くもベタな作りなので、安心して見ていられるアニメ。パチンコの業界人として見るのは義務!くらいの勢いで見させていただきます。しっかし、提供が「三洋物産」(海シリーズのメーカー)1社のみって。ダイジョウブナノカ?
●化物語(1話まで)・・・今期最も注目すべきアニメじゃないかと思うのだが、うちのアニオタのアルバイト♂に聞いてみたら「いや、ちょっと(難しそうです)・・・」と。流石に俺も、出て来た細切れの文章を全部止めて読んだ上で次に進めるほど暇人じゃないので全てを理解したわけじゃないけど。西尾維新のノベルと新房‐シャフトの組み合わせは強烈だと思うので、視聴。
●狼と香辛料2(1話まで)・・・行商人ロレンスと賢狼ホロの掛け合いは安心して見れる。1stも面白かったので、見ますぜ。
●かなめも(1話まで)・・・いきなりフルスロットルで百合モードがさくれつですか。春にやってた「けいおん!」といい「みなみけ」といい、本当に!
(゚Д゚)<芳文社のまんがタイムきららは化け物か!w
と言わせていただきます。あ、見る見ないの話で言うとみません、よ。多分。
●ニードレス(1話まで)・・・まあ、何かにつけボヨンボヨンしてますが、サービスという事で( ^^)ゞ。ハッタリが効いてて楽しめましたので、見る事にします。OPの歌を歌っているGRANRODEOも結構頑張ってるので、買ってみるか。EDのテーマ曲といいヴィジュアルといい・・・また百合かよ!しかも相当なハードコア・・・反則・・・否、販促だ!という事で、世間の評価をちらっと見てみたら「児童ポルノ法に喧嘩を売っている」レベルだそうです。良識ある方は見ないほうがいい、いや、絶対に見るなと断言する!とかいいながらリンク貼ってますけど。

春期のアニメより
●咲(14話まで)・・・清澄高校の麻雀部のメンツが男1女5の時点で割り切っていたけど、相当百合百合。しかし、なぜかは知らんが、咲を見ると麻雀が打ちたくなる、麻雀を打つとまた咲が見たくなる。や~っぱり~お~れはぁ~あぁぁ、アニゲオータクー。(菊正宗のCMのように)
●タユタマ・・・視聴断念。この時期の野球遅延が強烈に作用、特に水曜日は確実に野球放送するので、録画メインで見てる俺にはかなりのトビトビ展開に。1時間遅れとか普通にムリです。やっぱりトブとつらい。
●宇宙をかける少女(最終話まで)・・・最後の最後に詰め込みすぎがアダになるとは。
●東のエデン(最終話まで)・・・これはよし。もし100億円が自由に使えるケータイ持ったらどうする?というテーマをきっちりと表現。まだの方はレンタルなどで見る事をおすすめします。

今期の視聴アニメ
●新規
化物語・うみものがたり・ニードレス・狼と香辛料2
●視聴継続
シャングリ・ラ ・ バスカッシュ・咲
●HDDの肥やし
鋼の錬金術師
といったところか。


あ、あと一言だけ。「百合」好きの男性と「ボーイズ・ラブ」好きの女性は同じ穴のムジナだと思うんだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック