ラビットギャンブラー

アクセスカウンタ

zoom RSS 2014年春:アニメ感想編

<<   作成日時 : 2014/07/17 03:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

パチンコにもなった麻雀漫画「咲〜saki〜」がパチスロにも登場したら、もちろん池田カスタムもあるだろうねー、人気キャラだし。
口癖として語尾に「〜だし」とつける池田華奈のナビボイスは当然こうなるよね。

「左だし」
「右だし」
「中だし」

「ナカだ…」

またこのネタかよ!

…これ以上やると、ブログ元が怒って書かせてもらえなくなりそうだ。あえて自重。



2014年春アニメ
無理せず短文で。。。
●キャプテンアース(3.5)
主人公たちの活躍だけでなく、裏でうさん臭く立ち回る敵達のお陰で、単純なスーパーロボットものとはしない重厚な作品に。みどころ満載で続くのだが、13話を痛恨の録画ミス。うーん。
●ブラック・ブレット(3.5)
結構ひどい話を織り交ぜつつも、生きるために戦うしかない主人公たちをしっかり描けた良作。ちょいと後半のお話は端折りすぎじゃないかと思いながら。2期はどうなる?やってほしいね!
●魔法科高校の劣等生(3)
司波達也の異常極まりないスキルを楽しむアニメ。そう考えるとタイトルなど気にもならない。
●棺姫のチャイカ(3)
チャイカは何人もいた!というところから面白くなってきた。秋の2期目も見る予定。
●シドニアの騎士(3.5)
地に足つけた本格派。人類と奇居子(ガウナ)との戦いだけでなく、サイドも充実。原作漫画もみたいが、アニメ推しなのでゆっくり2期を待つ。
●ブレイクブレイド(3.1)
ロボットアクションのみどころ満載。ジルグ突撃のあたりは圧巻でした。
●キングダム2(3)
新キャラを出しつつ既存キャラ達を掘り下げ中、といったお話の最中。覇業は進むに遅いな。
●健全ロボダイミダラー(2.5)
コレハヒドイ。という褒め言葉。ボキャブラ天国でいう「バカパク」で押し切った作品だ!
●ニセコイ(3.5)
登場人物たちの立ち位置を再確認させながら、びしっとまとめた最終回に納得。

そのほかアニメな話題
●ドラえもんがアメリカに上陸はいいものの、小道具関連や性格など、アメリカナイズな変更に。当然の事ながら、アメリカの子供たちに見てほしいアニメであるがゆえの変更だと分かるのですが、あえて日本版のままで押してほしかった。ミッキーマウス達がだいたいそのまま日本に来て人気がある事を考えると、ドラえもんもそのままアメリカに行って評価されてほしいなあ、という所感。しずかちゃんのお風呂シーンは絶対輸出反対するけどー。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2014年春:アニメ感想編 ラビットギャンブラー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる