ラビットギャンブラー

アクセスカウンタ

zoom RSS ネタをネタで返す

<<   作成日時 : 2013/06/11 03:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●転勤してから、とにかく1度やってみたかった、松原の自宅→仕事場への自転車勤務。夜の仕事の用事がある事を活かして出発。JR平野駅近辺で向こう側に渡る踏切がなかなか見つからなかったり、JR放出駅あたりで適当な道筋をたどって案の定迷ったりしながら、あとちょっとのところで仕事場から電話。「こうこうやから、明日早番勤務よろしくー」・・・なん・・・だと。ネタ半分で自転車で来た意味を最も美味しいネタで粉砕しやがった。1時間30分の長征でかなりの体力を使った今、いまさら来た道を折り返す気にはならず、仕事場まで自転車で到着、そこから電車で自宅に帰りましたとさ。
2回目?やるわけないでしょ!

●「境界線上のホライゾン」1巻上下を読破。電車の中を中心にだいたい2週間くらいか。後半の畳み掛け方は素晴らしいものがありましたが、前半のキャラ描写のだらだらとした長さはどうにかならなかったのか。思わず続編に手を出す情熱を持つまでには至らない程度の面白さ。最近のラノベって、まあこんなものなのか。
●次に読みたるは、無難なものにしようという魂胆が丸見えの有川浩「図書館戦争」。装丁がなぜか普通だよなと、よく見てみたらアスキー・メディアワークスじゃなくて角川書店版。ペラペラめくってみたら挿絵一切なしのド硬派仕様。「阪急電車」といい「県庁おもてなし課」といい、この方のお話がなぜホイホイ映画化されるのか、考えながら読むのもまた一興。

●電車に乗っていて隣の一般人が文庫本読んでるのをチラ見したら、えらい行間の大きい、1ページに15行程度の本を読んでた。読んでるスピードを測ってみたら、2ページに1分以上。声に出して読んでるんじゃなかろうかと思うくらい遅すぎるだろう、と感じたが俺がただイラチなだけかもしれない。

●阿部システ…、あべしステム搭載の新型北斗の拳。とりあえず一叩きやってみたら、思いの外よく出たので勝った話。あべしチャレンジ無制限を引いて、追加三千円かけて1600あべしを貯めてみたり。神拳勝舞からシンのムービーが入ったのに、なぜ「サラバダー」じゃないのかと問い詰めたり。最低77%継続のSPバトルを3回で終わらせたり。デビルリバース原作に比べてめちゃめちゃつええし。神拳勝舞1ゲーム抜きでおいしかったり、二桁ある勝舞玉が一気に削られたり。26セット3000枚出した感想は、まるで4号機北斗みたいな出玉感。
●ここ最近のサミーさんのスロ台らしく、ゲーム数上乗せを毛嫌いしたような仕上がり。北斗だからお客様もしっかり打つ分、飽きられるのも早くなりそうな予感。
スロット台のトレンドはART(AT)のゲーム数上乗せなんだけど、そこを頑なに否定する台をよく作るサミーさんの真意はオペレーター側の立場としては首をかしげるばかり。
●かなり適当なこうりゃくを行うならば、だいたい200あべし周期で当たり(ガセ)前兆の演出が入るので、クソ台攻殻機動隊のような感じのあべし数消化天井があるんじゃないかと。1000あべし越えたら当てるまで打つしかなくなるので、めんどくせーみたいな台やけど。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ネタをネタで返す ラビットギャンブラー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる