ラビットギャンブラー

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011年夏:アニメを見るぜ

<<   作成日時 : 2011/07/27 03:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

んー。適度に消化しているつもりなのに、次から次へとアニメを録画しているので、なかなか見てない番組が減らない。そんな中ではありますが、徒然。

●視聴終了アニメ
戦国乙女桃色パラドックス・・・
あるようでほとんどないようなストーリーのパチンコ原作をアニメ化。どうでもいい話も多かったが、誰も死なない本能寺の変というありそうでなかった斬新な話もあり、ひととおり楽しんで見られました。でもやっぱり、あと一捻り欲しかった気もしないでもない。ミツヒデも実は現代からリープしてきていて、最後はノブナガとの愛を貫くべく現代に帰ってこない、みたいなのがあっても良かったような。
しかし、一番盛り上がったであろう、第12話の録画失敗(タイバニとかぶった?)は痛かった。
緋弾のアリア(11話まで)・・・
んー。録画でツインエンジェルと時間帯がかぶってしまったので、仕方なく12話をカット。面白さが足りないと思う要因をあげるとするなら、スパイアクションと超能力がなんだか噛み合っていないような。スパイアクションに徹底するなら奥の手は最後までとっておくし、超能力バトルなら最初からスキルパワー全開の攻防をするべき。作り手に立った事のない人間の稚拙な考え方ではありますが、この矛盾がどうもお話全体の魅力を下げているとしか考えられないのです。
●視聴まだ途中
もしドラ>GOSICK>>>>>>>青の祓魔師(あーまだ1話も見てない汗)
●視聴継続アニメ
TIGAR&BUNNY(14話まで)・・・
アニメ史上に残るかもしれない最高の悪役、ジェイク・マルティネスに乾杯。こいつのクソがウンコ垂れ流すような振る舞いの数々は素晴らしいとしかいいようがない!特に、市民を人質にとっての囚人開放を迫った極悪非道の作戦を実行したクリーム女史を一発でそのメイク同様の道化にするような、凄まじいまでの約束破り。自身の能力を過信するがゆえのヘリコ巻き添えの自爆。なんだかこれで終わった(死んだ)ような気がしないのが、余計に面白い。実は生き残っていてサイボーグ化してました、とかありそうです。うん。
あ、あとこれって腐女子に人気なのね。既製品で満足することをよしとせず、己の想像(妄想)でお話の隙間をビルドアップするのか。女子の楽しみ方が少し分かったような気がするぜ。
●新たに視聴するアニメ
怪盗天使ツインエンジェル(4話まで視聴)・・・
まどマギの大成功で相当やりにくいんじゃないか、と思ってましたがそんなことなく。エクスデウスマキナな平之丞さんを見てると心がなごむ。個人的にツボだったのが、4話での会話。
ホワイトエンジェルこと葉月クルミ「なんで私だけ写真を取らないの?」
赤ベレー「都条令的に、なし。」
唐突にこんなの出してくるので油断ならないです。
BLOOD−C(3話まで視聴)・・・
まさに水樹奈々のためのアニメ。現時点ではこれだけなのですが、声優の魅力だけにとらわれず、これから色々やってほしいと思います。
他、神様ドォルズ・異国迷路のクロワーゼ

●パチンコの平和がしたいことはなんだ?
戦国乙女だけじゃなかった、Rioもパチンコの商品化を見据えてのアニメ化だった、というわけで。当然ながらこういった、最近のアニメ原作のパチンコを作る場合、ターゲットにしたい年齢層を比較的低め(20〜30代)にしてるフシがあるはずだし。既存の作品を元にパチンコ・スロットを作ろうとして、他社に先に抑えられてましたみたいな事が多いんじゃないかな?それをなくすにゃ自分らで作っとけ、消極的に見るとこんな感じ。だが積極的に考えると、そういった層をこぞってパチに向かわせるという、将来的にパチンコ人口を増やすための壮大な戦略ではなかろうか?といったことが頭をよぎる。京楽さんが、AKB使っちゃったからもうアニメしかない、ってまさかね。あまり事業を圧迫するような事しないようにね、平和さん。
・・・グダグダの駄文スマソ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011年夏:アニメを見るぜ ラビットギャンブラー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる