ラビットギャンブラー

アクセスカウンタ

zoom RSS マジカルハロウィン2を無駄に長々と語る

<<   作成日時 : 2010/07/23 05:06   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

●前回書いてなかったけど、ツインエンジェル2の楽しみのひとつ「マイスロ」にて大失敗。過去に使っていたパスを使ってプレイしたために、「データ取得不可」の状態になってたという。初めて見たイラストもたっぷり、ミッションも色々珍しいのを出していただけに残念至極。博打で大勝ちの結果に比べたら霞のように吹き飛ばせる程度の事なのでね。また来るかもしれないビッグウェーブを待つ身分です。。。
●ここ最近のバクチ結果
7月?日:20000円負け
7月?日:20000円負け
7月?日:20400円負け
7月21日:68700円勝ち
今月あと1回打つよ!


●せっかくスロットの事を書いたついで、マジカルハロウィン2の演出関連の話でも。
○演出の総数は相当多いと思うが、はっきりと「当たらない」演出がほとんどを占めているのが頭痛のタネ。その中でも押さえておきたい演出を中心に堀江(アリス)モード限定で話を進めていきます。攻略とかで役立つといいね。

●レバーON時
○カボチャスロット:信頼度ナシ
この演出で当たるのはよっぽどレア。連続して出ようが「CHANCE」の文字が出ていようがカボちゃんカードから発展しようが、クールにボタンを3つ押して「あちゃ〜」の堀江声を聞くための演出だと割り切ろう。ただし、4枚役(7・BAR−リプーリプ)で稀に出る演出なので、目押しは必須。スイカ・チェリーは出たことないけど。(追記:CHANCEでチェリーが出たので要目押し。但し信頼度は雀の涙。本当に期待してはいけない演出)
○校長のほいほいほ〜い:信頼度ナシ
あまりにも信頼度のなさにいつもお前はすっこんでろ!と思うのですが、全小役対応の演出なので目押し必須。校長の手の動きが早い&オーラが出ている・「めいぷる」と「みるく」が見ている・の2つ同時に出てるとアツイのだが、そんな事は滅多にない。
○ノワールルーレット:信頼度低い
本の色によって違いが大きい演出。演出開始時に本の色が見れなかったとしても、後でページをめくっている端っこで色を確かめられる。
木の本はスルー推奨、目押し要らず。当たりが出たらケツが浮く。
銀の本は4枚・スイカ・チェリー対応のため、要目押し。でも基本的にボーナスを期待しちゃだめ。
金の本はゲキアツ。滅多に出ないが、たいがい何か当たってる。
○月アップ演出:信頼度低い〜中
状況により、大幅に変わる演出。信頼度の順番を並べると
黄月<黄月+遠吠え<赤月<赤月+遠吠え
赤月以上が大当たりの期待が出来る演出になる。一番信頼度の低い黄月のみでも、全小役対応。要目押し。
○異空間出現演出:信頼度中〜高い
黒い空間の歪みが発生、大きさが3段階に分かれていて(いたはず)、大きいほど信頼度が高くなる。特に、特大のやつが出た時の「こんなに大きいの、初めてだよ〜」という堀江(アリス)ボイスが印象的。魔界モード突入はこの演出からのみ入るようである。4枚・スイカ・チェリー対応のため、要目押し。
○魔法陣演出:信頼度ゲキアツ
キャラアップとデケデケデケデケ・・・という音楽と共に画面が真っ黒になって魔法陣が登場。ボタンを押す毎に魔法陣に光が灯っていく。氷晶を模したようなギザギザになった魔法陣がフロスト。中心に杖を象った円形のものがアリス。フロストの魔法陣は完成すると連続演出に発展(かなりの確率で当たり)アリスのものは完成さえすれば当たり確定。どちらが出てきても強烈にアツイ事には変わりない。4枚・スイカ・チェリー対応なので、要目押し。
その性質から滅多に出る事はないが、俺の隣でフリーズした方は魔法陣演出でした。超プレミアの期待もあるかも、と言う事で。

●連続演出
○ブーモリ追いかけ演出:信頼度低いめ
2ゲーム目に赤背景だと少し強くなる。
○魔法大砲演出:信頼度低い目
的がカボチャ・発射時の魔法オーラが赤・的に激突時のオーラが赤・カットイン赤で信頼度が上がる。逆転演出の時のアリスに掴まれるブーモリはこの台必見のシュールリアリズムさを見せてくれる。
○フロスト追いかけ演出:信頼度低い目
1ゲーム目にフロストにやられて墜落した方がボーナスに近いという謎演出。2ゲーム目にカットイン赤で信頼度は上がる。マジックウェブやらネビュラチェーンが出てもあまり関係がないという罠。
○召喚試験演出:信頼度低い〜中
1ゲーム目が始まった時に、100匹に減る事が絶対条件。2ゲーム目に赤オーラ出るとチャンス。
○抜き打ちテスト演出:信頼度低い〜中
1ゲーム目にて電球4つ以上が絶対条件。でも、5コついて外した事があるので、油断禁物。2ゲーム目のリュミエール先生の表情が曇っている(青背景)だとほぼアウト。アホの子を相手にするのは大変ですねリュミエール先生。
○フロスト対決演出:信頼度低い〜高い
召喚獣の信頼度は
ドラキュラ<ウルフ<フランケン<アリス<アリス&ローズ
の順番で信頼度が変わる。対決開始時にフロストの召喚獣が出なくてフロスト本人だとアリスと直接対決以上が確定のため、極めてアツイ。2ゲーム目に味方が耐えてくれると、もれなくボーナス確定なのもポイント。(ほとんどBETボタン押して飛ばす→お前ら生き残ってるじゃん、でケツが浮く)

レバーON関係の演出はオミットしたものも多いけど、たいしてボーナスの期待をしなくていいものだらけなのでそういうつもりで見てもらえたらいいと思います。(例外:地上限定、ウルフ登場で4枚役→ボーナスゲットクリスタル割り演出は直接的にボーナス期待度が高い)

●いざ書いてみるといっぱいありすぎて何が何やら自分でもわからなくなる罠発動。まとまりがなくてすみません。

●コナミパチンコエンタテイメントが裂帛の気合を持って出しただけの事はある面白さもチラホラ。特にカボチャンスのART上乗せの期待感は4号機のAT&ART機でもほとんど見られなかったものである。自力正解からの突入であっても、道中の上乗せでキンカボ入ってさらにボーナスも引けたら・・・というワクワク感の塊みたいな爆発力。そして乱数生成が絶対おかしいと感じさせてしまうボーナス確率の偏り具合(急にCZ内で連チャンが始まったとか、天井前できっちり引いてしまうボーナスとか)オカルト感も楽しいと思う次第。もう6ヶ月以上の稼働になる台でありながら、簡単に後発の台に飲まれてしまわない確固たる存在感は賞賛に値するスロットである。

●時間もたいがいになってしまった。外で朝チュンが始まっているじゃないか!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マジカルハロウィン2を無駄に長々と語る ラビットギャンブラー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる