ラビットギャンブラー

アクセスカウンタ

zoom RSS − タイトルなし −

<<   作成日時 : 2010/01/28 03:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

●最近のアクセス解析に「激動の昭和」で来る人が結構いるな、なんぞや?と思っていたら「青ドン〜花火の極〜」で出てくるらしいね。たしかに「昭和!」とか言われてすぐに三連花火になる人は少ないと思う。もう一度詳しく説明しておきますね。

だいたい1999年あたりのお話。パチスロ「HANABI」が出て長期的な人気になってきた頃合に、当時のパチスロ必勝ガイドの連載コーナーに「或る花火の一生」という、設定と差枚数のデータを載せるコーナーがあったのでした。「或るサンダーVの一生」から引き継がれたこのコーナーがまたイカれた味わいを出しながら連載されていたわけです。その時にHANABIで出てくる演出フラッシュを勝手に命名する話がありまして、そよ風は左右、ロケットを縮れ毛、とか適当に呼んでいたのでした(流石に全部覚えてないが)。そして、ほとんどBIGボーナス確定のプレミアム演出だった三連花火に対しては、かなりの敬意を持って「激動の昭和」と名付け、テキストの最後には必ずと言っていいほど、「昭和!」で締めくくられていました。これを必勝ガイドを見ていた人が使い始めた事により、「激動の昭和」がハナビのフラッシュの名前に使われるようになったのです。
こんな感じでいいかな。
●俺のくらしに萌えひとつ。つう事で、萌えカレンダーを使う事になりました。この前、パチンコ台の内覧会でもらった「舞−HiME」のカレンダーを早速御開帳。こんな感じです。け、けっしてコレ目的のために内覧会行ったんじゃないんだからっ。
画像

●「萌え」という言葉。世間一般でいうと「萌え≧かわいい」で理解している方が多いと思うのですが、俺の中では「萌え<かわいい」の公式が成り立つのです。なぜ「萌え<かわいい」なのかというと、アニメ・ゲーム・漫画、等々から次から次へと「萌え」を出してくる現状に対しての、俺のスタンスだと解釈してほしいのです。新たな「萌え」が出てきたら古い「萌え」は淘汰される。よっぽどの事がない限り、俺のキャラの接し方はそうなっている。使い終わったらポイ、なんです。そういうものに、かわいいは勿体無いので「萌え」なんです。本物の女性のほうがよっぽど「かわいい」ですから。
(そのわりには、小銭入れには2年以上にわたってアホ毛が折れた上に煤けて真っ黒になったスク水こなたがついていたり、13年以上の現在進行形で綾波レイのメタルプレートがついていたりします。愛着とはこういうものなのだよ。)
●仕方なくGREEを始める事に。店長がやり始めたらしく、ゴールドが欲しいので入ってくれ。といわれて断れませんでした。GREEでも適当に書いてるので、よかったら見てください。QMAのコミュに入っているので探せば見つかるはず。
●自転車の荷台がカタカタ音が鳴るな…気になって見たら、ネジが緩んでいたり、外れていたり。おーこわ。
●ニンテンドーDSのLLが18000円か。ま、QMAのさらなるレベルアップの投資としては結構なものだな。発売日にいっぺんに買って見せびらかす事にしよう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
− タイトルなし − ラビットギャンブラー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる